不思議だけど、妙にハマる「Variations for Winds, Strings and Keyboards」

読書にも邪魔になりません。