「NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法」が面白い

メンタリストDaiGoさんが紹介してた「NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法」(かんき出版)を読みました。


むちゃくちゃよかったです。

 

翻訳本にありがちな喉に小骨が刺さってるような日本語ではなく、とても読みやすいです。
大好きな水島先生が帯に推薦文を書いてて、びっくりしました。
ありがちな精神論や根性論でもなく、ちゃんとしたエビデンスがあるのもうれしいです。

・苦手な状況に何度も触れるうちに心が慣れて苦痛が軽減する
→脱感作(かんさ)

・孤独かどうかを決めるのは、つながりの量ではなく質
主観的に誰ともつながっていないと感じるかどうかが問題

・孤独は喫煙と同じくらいリスクがある

・世界が公平だと思うか不公平だと思うか、
努力が報われると思うか無意味だと思うか、
すべては人の世界観が決めること

・ピンチはチャンス
苦しい状況に置かれた時ほど人は成長できる
今の苦しい状況は自分を高め方向性を再検討し、
放置していた問題に向き合うチャンス
どんなに嫌な出来事からも何かを学べる

著者インタビュー

自信がなくても大丈夫、「心を手当て」し自己肯定感を保つ方法

現代人が抱える孤独や、昨年のドラマ「逃げ恥」でも話題になった自己肯定感・・・。この分野にエビデンスをもって取り組んでいるのが、NYの人気セラピストであるガイ・ウィンチ氏だ。彼のTEDスピーチ「How to practice emotiona

 

なぜ心の傷に応急手当てが必要か ガイ・ウィンチ氏|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

あらゆる分野で先陣を切る登壇者が、そのアイデアを世界に広める「TEDトーク(TED Talks)」において、「感情にも応急手当てが必要」と題したプレゼンテーションが430万回以上再生されているのが、心理学者ガイ・ウィンチさん。

 

「苦しいときは話すことが大切」のウソ ウィンチ氏|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

様々な分野の第一線で活躍する登壇者が、そのアイデアを世界に広める「TEDトーク(TED Talks)」において、「感情にも応急手当が必要」と題したプレゼンテーションが430万回以上再生されているのが、心理学者、ガイ・ウィンチさん。

 

失敗こそ、心に潜む盲点に気付くチャンス ウィンチ氏|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

あらゆる分野で先陣を切る登壇者がそのアイデアを世界に広める「TEDトーク(TED Talks)」において、「感情にも応急手当てが必要」と題したプレゼンテーションが430万回以上再生されているのが、心理学者、ガイ・ウィンチさん。

 

身近な人を元気づける2つのステップ ウィンチ氏|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

「TEDトーク(TED Talks)」における「感情にも応急手当てが必要」と題したプレゼンテーションが、430万回以上も再生されている米国の心理学者、ガイ・ウィンチさん。

 

自分で心に手当てする方法 NYのセラピスト、ガイ・ウィンチ独占インタビュー「失敗と謝罪」の処方箋

失敗したとき、典型的なのは次に「ただ一生懸命がんばってしまう」こと。

 

著者インタビュー『NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法』著者 ガイ・ウィンチ先生に聞きました!

「世界一受けたい授業」(日本テレビ)に出演し、話題沸騰中のニューヨークの心理学者であり人気セラピストであるガイ・ウィンチ氏。

 

折れない人が実践する「嫌な妄想」を絶つ方法 | 健康

日常生活の中で、ある悩みを何度も思い出してしまう、どうしても嫌な思い出がループしてしまう、ということがあります。困ったことに、こうして頭にこびりつくのは、悪いできごとにかぎられているようです。上司に…

 

失敗や挫折を乗り越える人の「具体的な方法」 | 健康

失敗や挫折が引き起こす症状は、主に3つあります。まず、「自信喪失」です。自分の能力やスキルに自信がなくなり、必要以上に自分を低く見てしまいます。それによって引き起こされるのが、「無力感や無気力」です…