赤澤かおりさんの「本棚の本」で、ケンタロウ本を発見

出典:本棚の本
赤澤かおり
(アノニマ・スタジオ/2017年10月)
本棚の本│アノニマ・スタジオ|中央出版株式会社

一言で言えば、「本が好きな人の本棚を見せてもらう本」ですが、一癖も二癖もある人たちばかりで、とても読み応えがあります。

ケンタロウさんと関わりがある人が、なんと4人も登場されます。
・長嶺輝明さん(カメラマン)
・池水陽子さん(スタイリスト)
・高山なおみさん(料理家)
・若山嘉代子さん(エディトリアルデザイナー)
もうこれだけでも「買い」です。

赤澤さんが取材をする時にお願いしたのが次の3つです。
①好きな本を10冊用意してもらう
②本棚の整理をしない
③本を読む時のおやつや飲み物を教えてもらう

好きな本を教えたもらうのはよくありますが、本を読む時のお供を聞くのはナイスなセンスですね。
確かに気になります。

本の見返しにも本棚が写っていて、そこにはケンタロウ本「ドカンと、うまいつまみ」が見えています。
誰の本棚なのでしょうか。

赤澤さんの Instagram

カメラマンの長嶺さんと

赤澤さんの Twitter

https://twitter.com/kaorimasaaka

◉参照
「仕事人の本棚」のフードスタイリスト池水陽子さんの回で、ケンタロウ本が紹介されてた