写真がなくても、ケンタロウさんが見える。

「ケンタロウのおいしいごはん 基本のABC」(講談社)には、ある特徴があります。

いつもの、あの写真がないのです。
ケンタロウさんです。
この本には、ケンタロウさんの写真が一つもありません。
近年のケンタロウ本は、昔のに比べるとケンタロウさんが写ってる写真は少なめですが、ゼロの本はほとんどないです。
ある意味レアな本です。

ケンタロウさんのことですから、何かしらの意図があって、自身の写真はいらないと判断したのでしょう。
調理過程の写真もゼロで、完成写真のみです。
ケンタロウさんは「料理写真は図鑑が理想」と言っているので、理想に近い本なのかもしれません。

【ケンタロウさん】料理写真は、図鑑だ。

ケンタロウさんが写ってる写真がないと、ケンタロウ本らしさを感じないという人もいるかもしれません。
でも、この本には、随所にケンタロウテイストが盛り込まれています。

・イラストとコラージュ
・手書きのノンブル
・エッセイ
・スタイリング

確かにケンタロウさんの写真があれば、ケンタロウ度はアップしますが、なくても、十分に楽しめます。
ない方が、どういう表情で作っているんだろうと想像する楽しみもあります。
ケンタロウさんの写真はないですが、私には写真があるかのように見えています。
想像力を使って読めば、写真が1枚もなくても、まったく退屈しません。
写真がないからつまらないと言う人は、想像力がありません。
ないものをあるように楽しめるのが、想像力です。
想像力は超能力ではありませんが、パッとイメージできる人もいれば、できない人もいます。
人によって見え方も違ってきます。
AさんとBさんとでは、別の写真や表情を思い浮かべます。
想像力を使うことで、同じ本でも、自分だけの本になるのです。
想像しながら読むことに慣れてくると、映像で見ることもできます。
音や温度や匂いも感じるようになります。
ちょっと想像することで、1冊の本が何倍も楽しくなるのです。

料理の名前を聞いただけで「おいしそう」と言う人がいます。
目の前にはなんにもなくても、頭の中では、もう食べているのです。
口の中では、すでにその味が出来上がっています。
これが想像力です。

レシピ本を選ぶ時に2通りのタイプに分かれます。

①写真が少ないレシピ本を避ける人
②写真がないレシピ本でも読める人

写真や動画に慣れてしまうと、どうしてもそれに頼ってしまいます。
頼ることで、どんどん想像力は衰えていくのです。
想像力がなくても、レシピ本は読めます。
料理も作れます。
でも、想像しながら読むと、断然面白くなります。
写真がないレシピ本はつまらないと言う人は、読み方を間違っています。
写真がないレシピ本の楽しみ方は、人生の楽しみ方と似ています。
「時間がない」「お金がない」「才能がない」からと避けていると、ずっと食わず嫌いのままなのです。

 

◉こちらもどうぞ

ケンタロウ本のケンタロウ度を測ってみた

【レシピ31品】ケンタロウのおいしいごはんABC