【ケンタロウさんはこう育った】小林カツ代さん「育児ぶっつけ本番」ザックリまとめ

出典:育児ぶっつけ本番
小林カツ代
(大和書房/1983年10月)

図書館検索サービス「カーリル」で検索する

この本は、カツ代さんが長女のまりこさん、長男の健太郎(ケンタロウ)さんを育てながら書いていた連載をまとめた育児書です。
その中から健太郎さんのことを抜粋してみました。
(以下、敬称略)

◉(カツ代さんが)ぐずり始めた健太郎を抱っこして、立ちながら原稿を書いたこともある

◉健太郎を産む時は長女(まりこ)よりもずっと軽かった

◉(健太郎の時は)かなり手抜き育児だった

◉上の子より腸が丈夫

◉とにかく手のかからない赤ん坊だった

◉(健太郎の時は)長女の時の育児日記が役に立った

◉健太郎はあまり泣くことはなかったが、歯が生え始めた時は泣いたので、固めのおしゃぶりを与えると泣き止んだ

◉1歳くらいまでは病気とは無縁だった

◉洋式オシメ(オムツ)だった

◉オルゴールの子守唄、特にブラームスの子守唄とゆりかごの唄が好きだった

◉犬のぬいぐるみと添い寝していた

◉綿毛布も好きだった

◉オシメ(オムツ)は1歳7か月で取れた

◉11か月で歩き始めて、1歳を過ぎる頃にはかなりしっかり歩いた

◉汽車のアップリケが付いた母手作りのリュックを背負ってた

◉2歳頃、父の薬を危うく誤飲しかけることがあった

◉2歳頃の夏の旅行で、新幹線の冷房でやられ風邪をひいた

◉電車内では何かを食べる習慣はない

◉おやつの時間は決まってて、食べきれる量だけを与える

◉お医者さんは平気だった

◉2歳になった時、三歳児教室に週一で通っていた

◉三輪車に夢中だった

◉歩行器で何度もひっくり返った

◉シャンプーは平気だった

◉離乳食でベビーフードの缶詰の果汁を薄めて飲んでいた

◉離乳食で食べた豆腐を何口か食べた後にベェーッと吐き出したが、チキンスープのあんかけにすると喜んで食べた

◉なんでもよく食べたが、口当たりにはうるさい子で、パサパサ・モソモソしたものが嫌いだった

◉9〜10ヶ月で普通のごはんを食べ始める

◉かなり早くからおかゆを嫌がり、大人のごはんをとても欲しがった

◉おじやは好きじゃなかったのに、炊き込みご飯が大好きで、特に里芋ご飯がお気に入り

◉大根とにんじんのなますが好き

子供たちが好きだったおやつベスト10

(順不同)
・ホットケーキ
・プレーンヨーグルトにフルーツやジャムを入れたもの
・アイスクリーム
・ゼリー
・果物
・焼き芋
・ラスク
・ペストリー(パイ生地のお菓子?)
・揚げ昆布
・蜂蜜入りホカホカプディング

「手作りのケーキがないのは、そういうのはたまにしか作らないと決めている」からだそうです。