「ウハウハコンビニ まともな食事」と「カツ代とケンタロウのコンビニでうまいごはん」はここが違う

「カツ代とケンタロウのコンビニでうまいごはん」(講談社+α文庫/2000年12月発売)は、1995年3月に発売された「ウハウハコンビニ まともな食事」(立風書房)を改題し、再編集した本です。

大きな変更点は、次の3つです。

カバー

「ウハウハ〜」のカバーは、ケンタロウさんのイラストです。

再販の「カツ代と〜」は、三色丼の写真になっています。
撮影は、ケンタロウ本でおなじみの木村拓さんです。
 


 
料理はケンタロウさんかどうかは不明です。

 

まえがき

「ウハウハ〜」にはまえがきはありませんが、「カツ代と〜」には、ケンタロウさんが文庫版用のまえがきを書き下ろしてます。

構成

メニューの順番や章立てなど構成は大幅に変更されています。

他の変更点

小さな変更点もいくつかあります。

・見出し文の一部変更
・作り方のワンポイントは割愛
・著者紹介文は大幅変更
・「カツ代と〜」のデザインは鈴木成一デザイン室
 


 

不思議なタイトル

「ウハウハコンビニ まともな食事」は、何度見ても不思議なタイトルです。

再販の「カツ代とケンタロウのコンビニでうまいごはん」は、ストレートでわかりやすいです。
内容そのままなタイトルになっています。

なんといっても「ウハウハ」です。
日常会話ではあまり使わない単語だけに余計に引っかかります。

「ウハウハコンビニ」とは、どういう意味なのでしょうか。
ウハウハは、辞書的には「笑ってしまうような」という意味です。

うはうは(ウハウハ)とは – コトバンク

①ウハウハするコンビニ

さすがに2019年にもなってコンビニでウハウハする人はいないですが、20年前はそこらじゅうでウハウハしてたのかもしれません。

②コンビニ食材でもウハウハするような食事が作れる

こっちの方がしっくりきます。

「コンビニで売ってる食材でもこれだけできるんだぜ」と提案することで、料理なんてまったくしなかった人にも「ちょっとやってみようかな」と思ってもらえたら、それこそウハウハです。

おまけ

「ウハウハ〜」の著者紹介に、「誰?」と思うようなケンタロウさんの写真が使われていて、いろんな意味で貴重な本です。
ぜひ図書館で探してみてください。
 

「ウハウハコンビニ―まともな食事」を図書館から検索。

カーリルは全国7000以上の図書館から書籍とその貸し出し状況を簡単に横断検索できるサービスです。