【ケンタロウさん】思い入れのない料理は、思い入れのない人生と同じ。

エッセイ本「ケンタロウのこれでよし」は、「ケンタロウのおいしいラジオ」の放送内容をまとめたものです。


このまえがきで、ケンタロウさんは「思い入れのない料理なんて作りたくない」と言ってます。
これこそがまさに「KP(ケンタロウポイント)」です。

どのケンタロウレシピも、なんとなくで作ってるのではなく、お金のためのやっつけ仕事でもなく、もちろん、媚びを売るためでもないのです。
すべてに魂が入ってるレシピなのです。
文字にすると大げさですが、でも、それくらいの重みがあります。

だからといって、ケンタロウさんの魂を感じながら作らないといけないわけではないですが、ふとした時にでも何かしらを感じてもらえたら、きっとケンタロウさんもうれしいはずです。

料理は、芸術品ではないので、形としては残らないし、食べるとなくなってしまいますが、食べてる時間の感情や味は記憶として残ります。
毎日の料理も立派な作品なのです。
たった10分でできるレシピでも、思い出になるのですから、料理は素晴らしいです。
そんな誰かの思い出作りのお手伝いをしているケンタロウさんは、もっと素敵です。

 

◉こちらもどうぞ

【まとめ】ケンタロウのおいしいラジオ/レシピあり