【ケンタロウさん】料理は、正しさより、楽しさ。

ケンタロウさんは、小さい頃から母カツ代さんのお手伝いをしていました。


 

子供たちはハイハイのころから台所へ入り込んてきた
台所は親にとっては危険がいっぱいだけど、子供にとっては驚きや好奇心に満ちた魔法の国

出典:ママがせんせい
学陽文庫

ケンタロウは、本当に子どもの頃から台所が好きな子でした

出典:カツ代流しあわせごはん ケンタロウ流ウマイめし
講談社

自分も子供になってみる

IKEAスウェーデンのプロモーション動画「LAGA MAT MED BARN (FOOD WITH CHILDREN)」を見て、すぐにケンタロウさんのことを思い出しました。

料理をしている時、キッチンに小さな子供がいると、つい邪魔者扱いしてしまいがちです。
私も、よく母に「邪魔だから、あっち行ってて」と言われました。
それでもしつこく覗き込んで、感情的に怒られたことが何度もあります。
それくらいに料理をしてるところは面白いのです。
子供は親を邪魔しよう、困らせようと思って、キッチンに入るのではありません。
面白そうな場所だから、やってくるのです。
キッチンは、楽しい場所なのです。
それなら親もエンターテイメントとして楽しまないともったいないです。
自分も子供になってみるのです。
親目線ではなく、子供目線です。

料理は、おいしく、楽しく

料理は、ちゃんとしなくちゃいけないという思い込みがあります。
火も刃物もあるので、最低限の安全は大事です。
それさえクリアできていれば、楽しんだ者勝ちです。
真面目に作るだけが料理ではありません。
まずは楽しんでるかどうかです。
おいしい・まずい以前の問題です。
いくら味がよくても、作ってて楽しくなかったら、それは「おいしい」ではありません。
楽しいから、おいしいのです。
「おいしいけど、楽しくない」は、それはおいしくありません。
料理も、人生も、楽しんだ者勝ちなのです。

今できることトラブルも、楽しもう。