ケンタロウ本「ごくらくの食卓」は、たった今から楽しくなる37の方法だ。

ケンタロウさんの「ごくらくの食卓」(主婦と生活社)が大好きです。
読めば読むほど、コクが出てくる本です。

「ごくらくの食卓」のことを書いたのが9月上旬です。
まったくのノープランのまま書き始めました。
その時は「いくつかは書けるかな」くらいにしか思ってませんでした。

最初の「スーパーに行けば、なんとかなる」は、時間も忘れて取り憑かれたようにキーボードを打ち込んでいました。
次の日も、また次の日も、書きました。
いつの間にか、「ごくらくの食卓」のことを書くのが日課になっていました。
それくらいにハマりました。
最終的に全部で25回になり、タグまで作りました。
 

37のライフスタイル集

複数のケンタロウ本を持っている人はわかると思いますが、「ごくらくの食卓」は異色です。
ケンタロウ本の中でも思いっきり地味な本です。
「本当にケンタロウさんの本?」と思ってしまうほどです。
大きなジャンルでは料理本ですが、レシピ本かと言われれば、ちょっと違います。
確かにレシピは載っていますが、一般的なレシピ本ではありません。

まず、白黒です。
今どき、白黒の料理本は見かけません。
写真もゼロです。
白黒で、写真もない料理本は、本屋さんでは手に取ってもらえません。
装丁も料理本ではなく、エッセイ本という感じです。
ページをめくると、イラストとエッセイが目立って、ますます料理本とは思えません。

「ごくらくの食卓」は料理本というより、ライフスタイル本です。
料理を通して、37のライフスタイルを提案するアイデアヒント集なのです。
ケンタロウさんのモットー「簡単でおいしく、洒落っ気があって現実的なもの」の、「洒落っ気」の本です。

たとえば、一見、料理とは関係ないようなことがたくさん出てきます。

・花を買う
・スーパーに行く
・輸入食材
・値引きシール
・音楽
・窓を開ける
・キャンドルを買う
・レコードを買いに行く
・280馬力の車
・女の子を口説く
・デート

1つ1つは料理とは関係ないキーワードに思えますが、全部料理につながっています。
「料理を作る時に音楽をかけると、もっと楽しくなるよ」は、「料理の前にはちゃんと手を洗いましょう」くらいに大事なことです。
決してどうでもいいことではないのです。

「ごくらくの食卓」は万人受けしない本です。
読む人を選ぶのです。
ケンタロウさんが「料理はちょっとしたことでおいしくなるし、楽しくなるんだよ」と言っても、「そうだよね」と思う人と「そんなことどうでもいい」と思う人に分かれます。
わかる人にだけわかる、ある意味レアな本です。

黄瀬さんも絶賛

ケンタロウさんの大好きな大阪の家具屋さん「TRUCK」の黄瀬さんも、「ごくらくの食卓」が大好きです。
 

この投稿をInstagramで見る

ケンタロウの1996年の本 "ごくらくの食卓 音楽を聞くように料理する本" これをひりんこが持っていたのがきっかけでケンタロウを知った。その後、98年に代官山で偶然見かけて思わず声をかけた。そしたら驚いたことにケンタロウもTRUCKのカタログを本屋で買って持ってると言ってくれた。 最近、ふと思い出して読み始めたらやっぱり最高に気分がいい本。20年以上も前とは思えないカッコよさ。 写真はなくケンタロウのイラストとカンタンな文章。読んでるだけで、スーパーに買い物に行って、ついでに花屋によってガーベラを3本買って帰り、レコードでBob Marley でも掛けてビール飲みながらささっと料理したい!って思えてくる。 やっぱりケンタロウはすごい。 This is Kentaro’s 1996 book, “The Dinner Table in Paradise: Cooking Like Listening to Music”. I first learned about Kentaro because Hiromi had this book. Afterwards, in 1998, we spotted him when we visited Daikanyama in Tokyo and without a second thought approached him. We were beyond surprised when he told us that he also owned a TRUCK catalog that he bought from a bookstore. Lately, when I suddenly think about the book and start to read it again, I get the best feeling. It has a charm and cool that doesn’t seem like it was written more than twenty years ago. There are no pictures inside, just illustrations Kentaro drew and simple sentences. Just reading it makes me want to go right to the supermarket for groceries, stop on the way at a flower shop and buy three daisies, go home, put on a Bob Marley record, and drink beer while cooking! Kentaro, without a doubt, really is something else. #truckfurniture #birdcoffee

Tok Kiseさん(@tokkise)がシェアした投稿 –