ケンタロウさんは、ぐりとぐらになりたい。

昨日、ケンタロウさんが寄稿している「ぼくらのなまえはぐりとぐら」(福音館書店)を紹介しました。

 

 
わずか2ページのエッセイですが、濃いです。
ただの読書感想文ではなく、ケンタロウさんの中で消化された風景や音、匂いまでも感いじる文章です。
ぜひ国語の教科書に載せてほしいくらいに、深さがあるのです。
あまりに気に入ったので、すぐにテキスト化して、Evernote に入れました。
暗唱できるくらいに何度も何度も読み返しています。

ぐりとぐらになりたい

落ちていた大きな卵を使って大きなカステラを作る
そんな毎日を送れたら人生ってあまりに素敵だ

ケンタロウさんがすごいのは、最初から物語の中に入り込んでいることです。
「これは絵本の話」
「こんなのありえない」
そう思ってもおかしくない内容ですが、ケンタロウさんはグイグイ引き込まれます。

なによりも食べることが好きだったちびっこケンタロウのハートをわし掴みにされた

あー、大っきな卵落ちてないかなあ

道を歩いていても、普通の卵でさえ落ちていないのに、巨大卵があるはずはありません。
でも、「ぐりとぐら」の中に生きているケンタロウさんにしてみれば、「どこかにあるかも」と思えるのです。

今でも俺はぐりとぐらになりたいと思っている

大人になると、小さい頃の憧れをすっかり忘れていることも多いですが、ケンタロウさんはちゃんと覚えています。
正しくは、大人になっても「ぐりとぐら」の中に生きているのです。

ケンタロウさんは、やっぱり、ぐりとぐら

前回「ぐりとぐら」のことを書いたのが、2018年2月27日です。
 


 
そこで、「ケンタロウさんは、ぐりとぐらだ」と書きました。
やっぱり、ケンタロウさんは、ぐりとぐらです。
紛れもなくぐりとぐらです。

料理をすること、食べることのおもしろさ、楽しさ、うれしさがすべて、あのカステラには詰まっている

ケンタロウさんは、カステラ専門の料理家ではありませんが、いろんな料理を通して私たちにおもしろさ、楽しさ、うれしさを届けてくれています。
まさにくぐりとぐらです。

おいしいものを作って、みんなで食べる
それ以上に素敵なことなんてちょっとないよね

「ぐりとぐら」の話は、カステラを作ることが目的ではありません。
作ったそのカステラを食べるのが目的でもありません。
みんなで食べて、その楽しさを共有することです。
作って食べるのが目的なら、ぐりとぐらだけで十分です。
森の仲間たちと一緒に食べるのが大事なのです。

おいしいものを好きな人と一緒に食べる喜びは何ものにも代えがたい

出典:ケンタロウの恋するハッピーメニュー|鶏スープかけご飯
「おいしいものと好きな人」より
 

ケンタロウの恋するハッピーメニュー【鶏スープかけご飯】

null

【朗読】ぐりとぐら