【提言】ケンタロウ本「ふたりのハッピーメニュー」のエッセイは家庭科の教科書に載せるべき/その4

出典:ふたりのハッピーメニュー
(講談社/2003年12月)

 

【その4】好きな人と一緒に食べるとおいしいか

p8「おいしいものと好きな人」の中で、ケンタロウさんは「おいしいものを好きな人と一緒に食べると、もっとおいしくなる」と言ってます。

食事は一人で食べるより誰かと一緒に食べる方がおいしいとよく聞きます。
実際にそう感じます。
それが好きな人だと、なおさらです。

いつも好きな人と食事ができるのが一番ですが、なかなかそうはなりません。
むしろ、そういう場面は少ないかもしれません。
誰と食べるかも大事ですが、どういう状況で食べるのが理想でしょうか。
もしかしたら誰かと食べるより一人で食べる方がいいという人もいるでしょう。
最近はトイレの個室で昼食を食べる人もいるらしいですが、きっとお昼ぐらいは一人になりたいのです。

一人の食事でも鏡を見ながら食べればおいしくなる研究結果があるそうです。
端から見ればかなりシュールな光景ですが、一緒に食べる人がいない、もしくは一人で食べたいけど、でもおいしく食べたい時にはいい方法かもしれません。
好きな人の写真を見ながら食べても同じ効果が期待できるそうです。
ということは、一人で食べていても誰かと一緒に食べてるシーンを想像さえできればおいしくなるかもしれません。
ますますシュールです。

鏡の前で食べれば、1人の食事でも「おいしい」 名古屋大が研究

1人の食事でも、鏡の前で食べるとおいしく感じる――そんな実験成果を、名古屋大学がこのほど発表した。食事中に人の存在を感じるだけで「おいしさ」が高まる可能性があり、孤食になりがちな高齢者の食生活改善につなげる考え。 実験のイメージ図(名古屋大学のニュースリリースより) …

今は誰もがスマホを見ながら食事をしています。
もうそれはスマホと一緒にごはんを食べてるようなものです。
料理の盛り付けや食器を見ることもなく、スマホと見つめ合っています。
誰かと一緒にお店に入ってもそれぞれがスマホを見ているので、一人で食事しているのと同じです。
誰かと一緒に来る意味がありません。
もちろん、それでごはんがおいしくなって食事が楽しいならそれもいいかもしれませんが、たぶん何を食べたかどんな味だったか覚えてないです。

誰かと一緒に食べると本当においしくなるでしょうか。
スマホと一緒にごはんを食べてる大人を見てどう思いますか?
一人でもよりおいしく食べるには、何をどうすればいいでしょうか。