【ケンタロウさん】好きな人と好みが同じだと、得した気分になる。

ケンタロウさんの本には、ケンタロウさんの好きなモノが紹介されているページが多くあります。

料理に使う道具はもちろん、お菓子や雑貨も紹介されています。

たとえば、「ケンタロウの大好きレシピ101」(主婦の友社)では、アメリカ Rubbermaid(ラバーメイド)社のゴミ箱が出てきます。

ケンタロウさんも愛用のゴミ箱「Rubbermaid」

 

それを見つけた時、思わず「あっ」と言ってしまいました。
実は、私も同じものを持っているのです。

好きな人と同じものが好きだと、ちょっと得した気分で、ついうれしくなります。
好きな人の好みに合わせるのもうれしいですが、たまたま好みが同じだったというのがわかると、一気に距離が近くなった気がします。

一番うれしかったのが、「ケンタロウ+キッチンでおいしい生活」(ソニー・マガジンズ)で紹介されているCDのページです。

 

そのページは、ケンタロウさんがよく聴くCDが紹介されていて、私も持っているアルバムが載っていたのです。
それが Jimmy Smith(ジミー・スミス)の Bashin’(バッシン)です。

ジミー・スミスは、ジャズのオルガン奏者です。
ケンタロウさんが好きな音楽は、てっきりブルースやファンク系だと思い込んでいて、まさかジャズを聴くとは思っていなかったので、かなり意外でした。

私は、このアルバムはあまり聴きません。
大編成モノはちょっと苦手です。
特に管楽器の音がきつく感じてしまうのです。
私が好きなジャズは、トリオやカルテットまでです。
ビッグ・バンド系も持ってますが、聴く回数は少ないです。

ケンタロウさんは元気な音楽をよく聴くので、好きそうなのがよくわかります。

ジミー・スミスのアルバムはいくつもアップしてますが、これからの時期だとこのアルバムがいいですね。
「ジャズなんてよくわかんない」という人にも聴きやすいです。

ケンタロウ本のスタイリングを担当された高橋みどりさんの自宅(もしくは事務所)にもジャズのアルバムが飾ってあって、ドキッとしました。

ケンタロウ本のスタイリングを担当した高橋みどりさん