【ケンタロウさん】思いはコッテリドロドロな、鹿児島ラーメン

初めて食べるものは、「思ってたのと違った」がよくあります。


『ケンタロウの「おいしい毎日」』シリーズ、第8回目です。

今回は、
鹿児島ラーメン紀行
です。

出典:ケンタロウの「おいしい毎日」
講談社+α文庫

 

ケンタロウさんと事務所アシスタントの片平さんと一緒に「トークショー的な」イベントで、鹿児島に行った話です。

司会の女性から「鹿児島のラーメンは食べましたか?」の質問をきっかけに、その日の夜は鹿児島ラーメンを食べようということになったのです。
ケンタロウさんが「オススメの店は?」と聞くと、その女性は「王道はCで、人気店です。あとはKです」と教えてくれました。
さらに、ケンタロウさんは「どっちが好きか?」と聞きます。
すると、「ドロッとしたKが好きです」と答えました。

ケンタロウさんは、濃厚なドロッとコッテリが好きなのです。
この時点で、かなりドロッとコッテリに惹かれています。

「せっかくだし、どうせなら2軒とも行こう」と、片平さんと出かけたのです。
まずは、Kに向かいます。

3つのお店

「C」と「K」という2つのお店が出てきてます(あとで「Z」)。
どれも頭文字のアルファベットのみで、店名は出てきません。
私は読みながら、どこのお店なのか、ずっと気になっていました。

調べてみたのですが、「C」はわかりませんでした。
もしかしたらすでに閉店した可能性もあります。

次に「K」です。
「K」のヒントは、4つです。
・(ショッピングモール近くの)ホテルから徒歩5分圏内
・メニューは少ない
・餃子とライスがある
・大根漬けが出る

これらを総合して調べてみると、おそらく「小金太」です。

小金太

小金太(こきんた)│鹿児島・天文館で食べるちゃんぽん風のラーメン。タクシーを外に停めてでも深夜に食べに行きたい人気店!

ふじたん(@shinjifujita )です。

 

鹿児島の人気店で餃子とビール!「ラーメン小金太」(市立病院前)

鹿児島に着き、最初に食べに行ったお店が、「ラーメン小金太」。

 
(たぶん小金太の)ラーメンを食べたケンタロウさんは、「思ったよりも、コッテリじゃないな」と思ったそうです。
「期待外れだった」とも言ってます。

「次がある」と気を取り直し、2軒目の「C」へ向かいます。
ところが、すでに閉店時間を過ぎてしまっていることに気づき、断念します。
すぐに予定を練り直し、歩きながらリサーチを始めます。
今ならスマホで一発検索ですが、地道で「ザ・アナログ」な徒歩探索です。
最終的には、なんと交番にまで入って聞くという念の入りようです。
警察官たちが満場一致で教えてくれた「Z」に決めました。
この「Z」も、やっぱりコッテリだそうです。

「K」のヒントは、1つのみです。
・普通のラーメンとチャーシューメンしかない
です。

私が予想したお店は「ざぼんラーメン」です。

ざぼんラーメン

ジモティ御用達!まさに鹿児島ソウルラーメンの名店!ざぼんラーメン

鹿児島中央駅に隣接するアミュプラザ鹿児島。

 

ざぼんラーメン|鹿児島県鹿児島市|ざぼんラーメン

鹿児島県鹿児島市にあるさぼんラーメンに行ってまいりました。

 
運ばれてきたラーメンは、1杯目のそれとそっくりだったのです。
見た目だけならまだしも、味までそっくりだったようで、一気にトーンダウンです。
どちらも、味はとてもおいしいのです。
おいしいのですが、二人が求めていたのは、コッテリドロドロなラーメンです。
決してあっさりではないのです。

よくあるのが
・場所(地域)によっての濃淡の違い
・好みの違い
・期待度の高さ

もちろん、鹿児島にとってのコッテリだったかもしれませんが、何よりケンタロウさんも片平さんも期待度が高過ぎたのです。
期待すればするほど、脳内のコッテリ度はどんどん濃くなります。
1軒目で外していただけに、より濃くなったに違いありません。
濃くなった口で食べたので、あまりのあっさりさに落差が激しくなり過ぎてしまったのです。

二人とも気持ちまであっさり言葉少なになってしまった

いかにコッテリドロドロを楽しみにしてたかがよくわかります。

鹿児島ラーメン王決定戦

KTS鹿児島テレビ Kagoshima Television for Smile

鹿児島県民が選ぶ「第5回鹿児島ラーメン王決定戦」。”あなたが好きなラーメン店を教えて下さい。”

鹿児島ラーメン王決定戦の出場店舗

鹿児島ラーメン王 | くらしマップ

null

大根漬け

 

鹿児島のラーメン、なぜかついてくる大根漬けもの:朝日新聞デジタル

その土地では当たり前の慣習。でも、引っ越してきた者には驚愕(きょうがく)の連続……。