『小林カツ代の「母おかず」』に、ケンタロウさんが寄稿

小林カツ代の「母おかず」 基本の和食
小林カツ代キッチンスタジオ
(講談社/2011年10月)


この本の前書きに、ケンタロウさんが「この本に寄せて」を書いてます。
短いエッセイですが、なんだかジーンときます。

「母は豪快で大雑把な性格だけど、料理に関してはすべての作業に理由があるのはすごい」とケンタロウさんは言います。
そのままの流れで締めるかと思いきや、「料理はちゃんとしてるのに、反対方向の電車に乗ってしまうのは謎」というオチで、家族ならではの距離感を感じる、他では読めないエッセイです。

講談社の紹介ページにもチラッと出ています。
『小林カツ代の「母おかず」 基本の和食』(小林カツ代キッチンスタジオ):講談社のお料理BOOK|講談社BOOK倶楽部

ちなみに、この本の撮影は、ケンタロウ本でもおなじみの木村拓さん、
スタイリングは、「晩ごはん、これ作ろう ケンタロウ100レシピ」も担当された朴玲愛さんです。

「ケンタロウ 1003レシピ」を撮影した木村拓さんが明かす、この本のポイント

 

◉こちらもどうぞ

小林カツ代さんの「食の思想」にケンタロウさんとの対談収録