疲れたら、ケンタロウ本のエッセイを読んでみる。

イヤなことがあったり、ちょっと疲れた時は、ケンタロウ本のエッセイを読みます。

レシピ本は料理を作る前に読むものですが、
ケンタロウさんのエッセイを読むと、なぜか元気をもらえるのです。

100%フル充電できなくても、ほんのちょとでも元気になれたら、それで十分です。

料理をしなくても、クスッと笑えて、ちょっと元気なる。
そんなレシピ本の使い方もできるって、ケンタロウさんサイコーです。

 

◉こちらもどうぞ

エッセイがないケンタロウ本は、お湯の量が少ない温泉くらいに、寂しい。