小林カツ代さんの「ママは天才!」は、ケンタロウファンの必読書だ。

出典:ママは天才!
小林カツ代
主婦の友社
2007年3月発売


この本を知ったのは、図書館です。
最初から知ってたのではなく、たまたま見つけたのです。
危うく知らないまま、帰るところでした。
もし、ケンタロウ本だけ借りて帰ってたと思うと、ゾッとします。
それくらいすごい本です。

図書館でこの本を手に取った時のことは、今でもよく覚えています。
あまりに衝撃的だったからです。
パラパラとめくっただけでも、もうすでに泣きそうで、立ち読みできるような状態ではありませんでした。

この本には、今まで知らなかったケンタロウさんのルーツがたくさん書かれてあります。
ジャンル的には料理本ですが、ケンタロウファンにとっては、教科書のような本です。

いろんなケンタロウ本で、「僕はこういう味で育ってきた」と書かれてありますが、この本にはまさにそれが書かれてあります。
しかも、生み育てた人が書いてるのですから、説得力が違います。

今では「ケンタロウ」ですが、まだ「小林健太郎」だった少年が、いかに成長し、いかに母の味を自分のものにしていったかが、よくわかります。
同じケンタロウ本を読むのでも、この本を読んでるのと読んでないのとでは、読み方はまったく違ってきます。
ケンタロウ本をさらに深く読むための教科書であり、ガイドブックのような本です。

ケンタロウ本との共通点

実は、この本とケンタロウ本とある共通点があるのです。
そのヒントが奥付にあります。


上の画像は「ママは天才」ですが、本のアートディレクションしたのは太田雅貴さんです。

次に、「ケンタロウのフライパンひとつでうれしい一週間!」の奥付です。

こちらも、アートディレクションは太田雅貴さんになっています。

 

2冊とも同じ出版社なので、たまたまの可能性もありますが、仮にそうだったとしても、こういう繋がりはうれしいです。

子供も参加

「ママは天才」の奥付を、もう一度見てください。
最後の取材協力の部分です。
ケンタロウさんとあります。
母の本なのに、ちゃんとケンタロウさんも関わっているのです。
さらに、ケンタロウさんの下の「石原まりこ」さんは、お姉さんです。
私は、これを見て背筋がゾクゾクしました。
こんな本はなかなかないです。
「ママは天才」は、ただの料理本ではなく、まさに小林家の思い出が詰まった日記なのです。