【好きな人にはわかる】ケンタロウなぞかけ/その6

ケンタロウさん好きな人にはきっとわかる、ケンタロウなぞかけシリーズです。

ケンタロウ 1003レシピとかけまして
原液のカルピスと解きます

その心は
とっても濃厚です

カルピス2 / 水1

「ケンタロウ 1003レシピ」(講談社)は、タイトルの通り、レシピが1003も載っていて、どのページもぎゅうぎゅう詰めで満員御礼です。

 

雑誌「ku:nel クウネル」(マガジンハウス)では、ケンタロウさんは「カルピス2、水1の割合で飲んだ」とあります。

出典:vol.34(2008年11月号)
ケンタロウが語る「俺んちの味」。小林家のあたりまえ。

 

水っぽいカルピスはケチ臭いです。
「ああちょっと濃いかな」と思いながらも、その濃さにちょっと贅沢を感じるのもうれしいのです。
「1003レシピ」には、 「どれを作ろうかな」と迷える楽しさがあります。
それも贅沢の一つなのです。

1003レシピ