【好きな人にはわかる】ケンタロウなぞかけ/その9

ケンタロウさん好きな人にはきっとわかる、ケンタロウなぞかけシリーズです。

ケンタロウさんの料理の考え方とかけまして
オセロゲームと解きます

その心は
シンプルで奥が深い


ケンタロウさんのモットーは、シンプルです。

食べるために作る

これだけです。

ケンタロウさんの考えるレシピは、毎日でも作れる、毎日でも食べることができるものばかりです。
毎日のおかず、毎日のごはんです。
それがケンタロウさんの言う「現実的な料理」です。
食事は毎日のことですし、いちいち頑張らないとできないようなメニューでは、体がいくつあっても足りません。
そんなのは「現実的な料理」ではないのです。
毎日作っても、疲れない、楽しい。
それがケンタロウさんが追求する幸せなのです。

ケンタロウさんの料理に対する考え方を読んでいると、料理の話なのに、実は人生につながっていることが多いです。
見た目はただの料理本です。
「料理本だから料理のことしか学べない」と思うのは間違っています。
料理本でも、人生が学べます。
オセロも、ただのゲームではありません。
オセロからも、人生が学べます。
手前の白の塊ばかり気にしていたら、とんでもない方向から攻めて来られることがよくあります。
大所高所の視点が大事なのは、人生も同じです。
たかが料理、たかがゲームではないのです。
シンプルなことほど、奥が深いのです。

 

下記サイトでオセロゲームが楽しめます。
https://www.coolmathgames.com/0-reversi

食べるために作る

【ケンタロウさん】食べたいから、また作る。