ケンタロウさんの料理教室に参加できる権利を10万円で落札したツワモノがいた

ケンタロウさんの料理教室に参加した人のレポートのブログが面白いです。

 

 

夢が叶った☆ 〜ケンタロウ@世田谷ものづくり学校〜(06年3月31日記) | 丸顔のブルース。【宇都宮*ののはな*セラピストの日々のしるし。】

今日で3月も終わりですね。

この企画はチャリティーオークションで、この方はなんと10万円で落札しました。
その詳細は1位に書かれてあります。

 

2006年 あど的5大ニュース。 | 丸顔のブルース。【宇都宮*ののはな*セラピストの日々のしるし。】

2006年も残す所、後1週間を切りました。


 
本来はもっと少ない額で落札できたそうですが、彼女は「憧れのケンタロウさんに会えるのなら10万は全然安いモン」と言います。

ファンという呼び方にはいろいろありますが、この方は紛れもなくファンのレベルを超えて、本物の信者です。
彼女にとってケンタロウさんは、10万円を出す価値のある人なのです。
それほど好きだということです。
写真の笑顔から「10万円なんて安い」というのがこぼれまくってます。

そのブログには、他にもケンタロウさんへの思いが書いてありました。

好きな男性不動の第一位
お嫁さんにしてもらいたい
レシピ本を写真集と呼ぶ

やっぱり信者です。

金額で好きかどうかがわかる

このブログを読んで、自分には「10万円なんて安い」と思えるものがあるか考えさせられました。
たとえば、一般に料理教室の参加費が10万円は、かなりの高額です。
それでも「10万円なんて安い」と思えたら、それほど好きだということです。
単に金額が高いか安いかではなく、その金額で自分の好きの度合いがわかるのです。
彼女にとってケンタロウさんは、10万円出しても会いたい好きな人だというのがわかったのです。

実は、彼女は2013年に結婚されたそうです。
お相手はもちろんケンタロウさん、ではありません。
ケンタロウさんのイベントが2006年なので、その7年の間に何があってどういう心境の変化があったのかはわかりませんが、少なくともケンタロウさんへの思いを上回った人に出会えたのです。
素敵です。