図書館で、ケンタロウ本の向こう側を感じる。

そういえば、「にんにく×とうがらし×ケンタロウ」のスタイリングとアシスタントは誰だったかなと気になって、近所の図書館に見に行ってきました。


ところが、あいにく貸出中でした。

こういう時、いつも思うことがあります。
それは、その本を借りた人は、どういうきっかけでケンタロウ本を手に取ったのか、です。

いろんなパターンが考えられます。
たとえば、そのケンタロウ本を目当てに借りに来たかもしれませんし、たまたまケンタロウ本を見つけたからかもしれません。
本のコンセプトがピンときたということもあります。

その本のために、はるばる利用区域外から来たかもしれませんし、そう思うと、ドラマを感じます。
私も、ケンタロウ本のためなら、かなり遠くの図書館に出向いて行くこともあるので、とても気持ちがわかります。
利用区域外だと、予約や取り寄せができないこともあるので、どれだけ遠くても行くしかないのです。
猛暑日の中、汗だくになりながら、探してたケンタロウ本に巡り合った瞬間は、感無量です。
さすがに図書館内で叫ぶわけにはいかないので、心の中でガッツポーズしています。
それくらいうれしいです。
たかが本ではないのです。

わざわざ出かけた図書館で、探してた本が見つかるのは、もちろんうれしいですが、たまたま見つかるのは、飛び上がるくらいに興奮します。
そのケンタロウ本を借りた人も、もしかしたらそうかもしれないと思うと、こちらまでうれしくなるのです。

 

◉こちらもどうぞ

図書館で借りたケンタロウ本に書き込む人は、ケンタロウさんが好きではない。