「もっと、もっとげんきに! おうちごはん。」に、ケンタロウさんレシピ

もっと、もっとげんきに! おうちごはん。
(講談社/2004年10月)


昨日紹介した「もっとげんきに! おうちごはん。」に続く第2弾で、8人の料理家のレシピが載っています。

「もっとげんきに! おうちごはん。」に、ケンタロウさんレシピ

撮影は、ケンタロウさん、カツ代さんとも縁のある白根正治さん、スタイリングは黒川恭子さんです。

トップページを飾るケンタロウさんは、「自慢のパーティーレシピ」として、9品紹介しています。

・チキンのオーブン焼き(表紙写真)
・野菜のマリネ
・魚介とトマトペンネ
・フルーツトライフル
・いちごヨーグルトシェイク
・ちっちゃい4色おにぎり
・串野菜 with 3色ディップ
・スティックフライ&ポテト
・ブラウニー

最後のブラウニーは、雑誌「LEE」での大塚寧々さんとの対談企画と「バーンと、うれしいおやつ」(文化出版局)にも掲載されています。

ケンタロウさんは、大塚寧々さんのファンだった

少しだけですが、エッセイもあります。
その中で、ケンタロウさんは、「大勢でワイワイやるのが好きそうに見えるけど、そういうのは苦手」と言ってます。

ケンタロウさんの、そういうところが好きです。
わざわざ言わなくてもいいことを、ちゃんと言ってくれるのです。
この一文に出会えただけで、この本を読む価値があります。

ケンタロウさんの次に載っているのが、小林カツ代さんです。
共著でもなく、対談でもなく、同じ本に一緒に載るのは、なかなかないので、レアです。

カツ代さんのエッセイも読み応えがありますし、子供のリクエストで生まれた小林家定番メニューも、ナイスチョイスです。

 

子供のお友達が集まった時の楽しみ方の例として、市販のおやつでも小袋に入れて名前を書いて渡してあげるといいそうです。

添えられた写真をよく見ると、「ケンちゃん」とあります。
「ケン」がちゃんとカタカナになっていて、紛れもなく、あの人のことです。