【ケンタロウさん】行楽弁当があれば、近所でも行楽気分で楽しくなる。

たとえ近所のちっちゃい公園でも、手作りのお弁当を持って出かければ、立派な行楽です。

行楽気分

「ケンタロウのうまいっ! おかず」(主婦の友社)の「幸せ気分で行楽弁当」は、弁当を持って出かけましょうという話です。

行楽。
行く。楽しい。
と書いて行楽。
コウラク。
なんてわかりやすくばかばかしい。
でもいい言葉だな。
行く。楽しい。
行楽には行楽弁当。
素敵な景色がなくても、楽しい施設がなくても、行楽弁当さえあればそれでいい。
近くの公園でも、歩道橋の上でも、車の中でも、向かいの山本さんちの庭でも、おなりさん片手にシューマイ食べて、卵サラダ食べて、キャベツ食べて、なんて、考えただけでも楽しい。
つまり、いかすお弁当さえあればどこに行ったって行楽。
綿密な予定や、予約や、ガイドブックもいらない。
必要なのは素敵なお重ぐらいかな。

(34ページより引用)

メニュー
・いなりずし
・揚げシューマイ
・キャベツと青じその浅漬け
・卵サラダ
 

読むだけで、出かけたくなります。
出かける予定はなくても、読むと、お弁当を作ってどこかに出かけたくなるのです。
「どこか」は非日常な特別な場所ではなく、いつも見慣れてるすぐ近所の公園でいいのです。
わざわざ人でいっぱいの電車に乗る必要もありません。
テクテク徒歩です。
人気のない寂しい公園でも、弁当があるだけで、ウキウキしてきます。
さすがに歩道橋の上では難しいですが、手作り弁当を持ってあるけど、もうそれは行楽です。
近所だけど、気分は行楽なのです。

素敵な景色

楽しい施設

近くの公園

歩道橋の上

車の中

向かいの山本さんちの庭

おいなりさん

シューマイ

(メニューでは揚げシューマイです)

卵サラダ

キャベツ Cabbage/h3>

綿密な予定

予約

ガイドブック

素敵なお重

ケンタロウさんが使った弁当箱

 

行楽弁当

「ケンタロウのいえごはん こどもも おとなも 好きなものばっか。」(講談社)の6章「そとで食べようよ。」に、「行楽弁当」があります。
下記3つのメニューが載ってます。
・おいなりさん
・野菜スティック
・フライドチキン