【ケンタロウさん】炒め物が上手くなるコツは、キッチンのリフォームと腕立て伏せ。

ケンタロウさんが大胆な提案をしています。

炒め物上手になる2つのコツ

炒め物上手になるコツは、たったの2つです。

①火力
②筋力

水っけが出ちゃって、ベチャベチャにならないために必要なのは、ジェットエンジンみたいな火力とフライパンをガンガンあおる限りない筋力だけ

具体的に何をすればいいのかも、アドバイスしてくれています。

プロユースのコンロを探して大家さんにキッチン大改造の許可を取って、腕立てを毎日200回すればいいだけなんて、かんたんかんたん

①プロ仕様のコンロを買う
②大家さんにリフォームの許可を得る
③腕立て伏せを毎日200回する

とてもシンプルで、カンタンです。
 

出典ケンタロウのいえ中華 ムズカシイことぬき!
(講談社)

 

そんなアホな

(発音は「んなアホな」で、「な」と「ホ」にアクセントです)

もちろん、冗談です。
ケンタロウさんの一人ボケツッコミはなかなかレアです。

ジェットエンジンの火力

下の2つの動画は、どちらもジェットエンジン並みの火力です。
音からして、完全にジェットエンジンです。
時々見える火は、コンロのレベルではなく、鎔鉱炉のようです。
 

 

筋力

やっぱり筋力も必要なんだなと思ってしまうのが、この動画です。
思わずジムにあるようなマシンを想像してしまいます。
もう鍋ではなく、マシンです。

やっぱりいえ中華がいい

ケンタロウさんは、こう言います。

いつもの生活の中で振り回している道具で作る
それで作れないんじゃ意味がない
中華料屋さんの中華じゃなくて自分の家のいえ中華だから
道具だって技術だっていつも通りのものを使うに決まってる
特別なものは使わない
特別なものなんか使わなくたって、おいしいいえ中華は作れるから
だいたい、もしうちであんなジェットエンジンみたいなコンロ使ったら、間違いなく天井が燃えるしね
天井が燃えるのは火力が弱いよりももっと困る
賃貸だし