【ケンタロウさん】サラダは、メインディッシュだ。

野菜のおいしさがわかったのは、大人になってからです。

子供の頃は、断然、肉派でした。
肉こそ、ご飯のおかずと思っていました。
野菜も食べていましたが、食べているというより、食べさせられてる感が強かったです。
食わず嫌いの野菜も多かったです。

もちろん、ケンタロウさんはゴリゴリの肉派です。

やっぱり肉が好き

(文化出版局)

学生のころ、肉が何よりもえらいと思っていました
野菜のことはほとんど考えていなかった

 

ケンタロウのいえ中華 ムズカシイことぬき!

(講談社)

前は肉こそが地球上で何よりもえらいと思っていたけれど、気がついたら野菜のあの優しいおいしさも大好きになっていた

 

サラダは脇役

ケンタロウさんは、サラダもメインディッシュになれることを願っています。

サラダはいつも脇役だ。
本当は主役だって張れるのに、サラダはいつも脇役だ。

サラダは野菜ばっかりだから脇役なのだろうか。
それともただなんとなくメインにするには頼りないから脇役なのだろうか?
もしかしたらもしかして、ただ名前がメインディッシュじゃなくてサラダだから脇役なのだろうか?

ある日メニューを見てみた。
本日のおすすめ、前菜、サラダ、スープ、メインディッシュ、デザート……。
ちきしょう、なんてこった、やっぱり。
サラダはがんばってもメインにはなれないんだ。
だって、サラダだから。

いつかメインディッシュにもなれるといいのにね。

(出典:ケンタロウの恋するハッピーメニュー|若鶏のディナーサラダ
より一部引用)

たまたまですが、最近、野菜ネタが続いています。
 


 


 


 

集中的に野菜のことを考えていると、野菜はすでにメインであり、スタメンです。
気のせいではなく、本当にそう思います。
肉のような尖った力強さはないですが、野菜も力負けしていません。
あの鮮やかさや瑞々しさ、歯触り、香りは肉には出せません。
野菜もサラダも、脇役ではありません。
立派なメインディッシュです。

Vegetables / Salad

野菜がふんだんに使われている料理を見ると、メインディッシュだというのがよくわかります。