【好きな人にはわかる】ケンタロウ川柳/その15

ケンタロウさん好きな人にはきっとわかる、ケンタロウ川柳シリーズです。

ケンタロウ
カレーの森に
迷い込む


フーディーズTV「ケンタロウのボクはカレーが好きです」で、なぜカレーが好きなのかを話しているケンタロウさんは、完全にカレーの森で迷っている顔です。

普通、道に迷うと、不安な顔になります。
視線が定まらないことで気持ちまで不安定になってしまって、結果的にさらに迷ってしまうのです。

ケンタロウさんは迷っているのに、目は泳いでいません。
むしろ堂々としています。
しかも笑顔です。
カレーの森に迷い込んでいるのに、楽しくてしょうがないのです。
10000ピースのジグゾーパズルを目の前にしてニコニコしている顔です。
できればこの森から出たくないというような顔つきで話しています。

私もこの動画を見るまでは、自分の好きなことを理路整然と話す人を尊敬していましたが、本当に好きなことの奥深さに気づくと、こうなるんだろうなと思うようになりました。
ケンタロウさんは、カレーの森に入ったばかりです。
どれくらいの大きさで、どのくらいの深さなのか、まだ知らないのです。
この森がずっと続いてほしいなと願っています。
ジグゾーパズルが好きな人は、すぐにピースが埋まってしまうとつまらないです。
「このピースはどこだろう」とあれこれ考える時間が楽しいのです。
ケンタロウさんも、カレーの森に迷うほどに、どんどんカレーのことが好きになっていくのです。
もうすぐ抜け出るのがわかると、きっと引き返します。
出口の手前のところで「あれ? 道を間違えたかな」と言いながら、来た道を戻っていきます。
好きなことでとことん迷えるのが、本当に好きなことです。
本当に好きなものに出会えた人は、ニコニコしながら迷えるのです。