「潔いくらいにシンプル」が、ケンタロウレシピだ。

セロリの袋にレシピが付いていました。

もう一品 レシピ付き

「お手軽 簡単」とあります。

裏面に記載

その裏を見て、しばらく時間が止まりました。

セロリを切っただけです。
確かにお手軽で、簡単です。
嘘はついてません。
特別な道具も必要なく、包丁さえあればできます。
セロリは生で食べることができるので、火も使わず、とてもエコです。

スティックサラダ

ただ、これをレシピと言っていいのか微妙なラインです。
レシピというと、普通は焼いたり、煮たり、和えたりを思い浮かべます。
「切って、はい完成」と言われても、「えっ」となります。

しかも、「サラダ」なのにセロリのみです。
もうそれはただのセロリです。
言ったもん勝ちです。
これをレシピと言い切る担当者もすごいですが、OKを出した上司も男前です。

冷やしトマト

ケンタロウ本にも、「これは思いつかなかった」というレシピがあります。

たとえば、「ケンタロウの日替り定食」(学研)の「冷やしトマト」です。

 

作り方は、丸のままのトマトに塩をかけるだけです。
作り方と言っていいのかわからないくらいです。
切ってさえいないので料理かどうかも疑問です。
素材です。
 

フルーツ

「KENTARO料理パラダイス①」(主婦の友社)には「フルーツ」のレシピがあります。

 

好きなフルーツを切るだけです。

作り方
好きなように切ればよろしい
あはは

メニューを提案した本人も「あはは」と笑ってしまうほどのシンプルすぎるレシピです。
読者は意外すぎる簡単さに驚きつつも、「あ、それでいいんだ」とグッと楽になるのです。

 

おいしい! 簡単! 言うことなし

冒頭の「スティックサラダ」は、セロリだけでした。
料理を生業とするケンタロウさんが「トマトだけ」や「フルーツを切っただけ」をレシピにするのですから、間違いなく「スティックサラダ」です。
誰がなんと言おうと、「スティックサラダ」です。

「ケンタロウの大好きレシピ101」(主婦の友社)の副題は

おいしい! 簡単! 言うことなし!

です。

 

まえがきにはこうあります。

普段の普通のものがおいしいのが、なによりも大事
だから気張らず気負わず、簡単でいかすものを作ろう

冷やしトマトも、フルーツも、「スティックサラダ」も、どれも普段の普通のものです。
いつでもどこでも手に入ります。
しかも、気張ってないし、気負ってません。
超自然体です。
たとえ「シンプルすぎて手抜きレシピだ」と思われようとも、おいしくて簡単なら、「言うことなし」なのです。
 

今できることズバッと言い切ろう。