【ケンタロウさん】たとえ家族でも、遅刻すると、すき焼きの伝票が回ってくる。

家族の外食であっても、遅刻すると、痛い目に遭います。

はり重事件 簡易版

「ケンタロウ鍋」(家の光協会)の「ケンタロウの鍋日記 2」は、遅刻してしまったがために、心も財布もダメージを受けてしまった話です。

親父は欠席だったけれど、母親と姉と3人で、大阪で法事ついでにすき焼きを食べたことがある。
家族3人水入らずですき焼き。
ウツクシイなあ。と思っていたら、おれの遅刻で事態は急転。
チクチクと攻められた挙句に3人分の伝票が回ってきた。
すき焼きは甘いけれど、人生は甘くない。

(42ページより一部引用)
 

はり重事件 詳細版

「ケンタロウ鍋」の「ケンタロウの鍋日記 2」が簡易レポートなら、詳細なレポートが『ケンタロウの「おいしい毎日」』(講談社+α文庫)の「遅刻? なんやねん、どないやねん」にあります。

ケンタロウさんの遅刻のポイントは、3つです。

①前日から大阪にいたものの、家具屋さん「TRUCK」で話し込んでしまい、ミナミの老舗名店「はり重」での待ち合わせ時間を確認しなかった
②家族だし、「まぁ、大丈夫だろう」とたかを括っていた
③遅れたのに、反省のそぶりを見せなかった

はり重で受けた仕打ちは、3つです。

①母と姉からの冷たい態度
②過去の行いの叱責
③3人分の伝票

いくら家族でも、遅刻すると、思わぬ痛手を負うと知ったケンタロウさんでした。

 

はり重

 

はり重 – すき焼き・しゃぶしゃぶ・日本料理・洋食・精肉販売・通信販売

当社は大正八年、初代社長である藤本喜蔵が食都大阪で開業した黒毛和牛専門店で、百年の長きに渡り皆様に愛され、親しまれてきました。


 

 
大阪市中央区道頓堀1-9-17