松浦弥太郎さんが、ケンタロウさんとの対談を紹介

松浦弥太郎さんの Instagram で、ケンタロウさんとの対談を紹介してくれています。

この投稿をInstagramで見る

17、8年くらい前かもしれない。
リラックスという雑誌で、料理家のケンタロウさんと「タローズ」というコラムを連載してました。
お互い名前がタローという意味で。
毎回、原宿のオーバカナルで待ち合わせて、好きなモノの話を淡々とするだけですが、すごーく楽しかった。
ほとんど車かギターかカレーの話。
で、ケンタロウさんがイラストを担当していて、おしゃべりしながらチャチャッとイラストを描くんだけど、そのイラストがよくて、ほめたら、じつは料理よりイラストの方が上手いと言って笑ってた。
その時のノートがまだ手元にある。
ケンタロウさん、早く元気になってもらいたいと、ずっと祈っている。
またポルシェの話とか、ギターを一緒に弾きたいよ。
#松浦弥太郎 #ケンタロウレシピ #イラストいいよね #タローズ

松浦弥太郎さん(@yatarom)がシェアした投稿 –

TAROS TALK

この対談は、雑誌「relax」(マガジンハウス)2002年3月号〜2003年7月号の連載です。
松浦さんが言うように、おっさん二人が喫茶店で話してるようなゆる過ぎるコラムです。

私は、最後2回の「好きな100のコト」「嫌いな100のコト」が大好きです。
誌面ではキーワードの羅列のみですが、それぞれにその理由を書けば、それだけで本になります(しかも2冊も)。
ケンタロウさん、ぜひご検討ください。
 

オー バカナル

対談場所の「オー バカナル」は、ケンタロウさんの好きなお店の一つです。
 

あのカレーだった

ケンタロウ本を絶賛