【ケンタロウさん】クヨクヨしてる時間があったら、食べたいものを考える。

ケンタロウ本に載ってるレシピは、ケンタロウさんの食べたいリスト集だというのを書きました。

ケンタロウ本は、食べたいものリスト集。

ケンタロウさんは食いしん坊なので、いつも食べ物のことを考えてるイメージがあります。

「ケンタロウの大好きレシピ101」(主婦の友社)で、ケンタロウさんは

ストレスはたまらない

と言っています。

 

だからと言って、ストレスがゼロではないはずです。
大なり小なりストレスはあります。
ただ、溜め込まないようにしているのです。
ストレスがあれば、食べ物をおいしく考えることができません。
どうせなら、普通に考えるのではなく、おいしく考えたいです。
頭の中のスペースは限られています。
ストレスがあれば、その分のスペースは少なくなります。
ケンタロウさんにとってそれは大問題です。
ストレスに貴重なスペースを取られるのはもったいないです。
スペースだけでなく、ストレスの元となるイヤなことを考える時間ももったいないです。

ケンタロウさんの仕事は、レシピを通しておいしいものを届けることです。
おいしいものは、言い換えれば、うれしさや楽しさであり、ハッピーです。
ハッピーを届ける人がハッピーでないと、ハッピーは届きません。
イライラしてる時に考えたレシピはイライラした味になります。
そんな料理は食べたくありません。
味以前にハッピーではありません。
ケンタロウさんは、イライラやクヨクヨする時間があったら、食べたいものを考えます。
一生かけても食べ切れないほどの食べたいものがあるのです。
イライラしたりクヨクヨするヒマはないのです。

今できることストレスは、飲み込もう。

こちらもどうぞ

ケンタロウ本は、思った以上に奥が深い。