ケンタロウさんの3つの魅力


①敷居の低さ

料理する上で敷居が低いのは大切です。
特に、料理の「り」もわかってないような初期の段階はとても大事です。
「ヒマすぎるから料理でもしよ」というシチュエーションはそうそうありません。
たいていは時間に制約がありますし、仕事でクタクタに疲れて遅い時間から作らなければならないこともあります。
そんな時に料理の前にまず気合いを入れなければならないというのは論外です。

ケンタロウレシピはムダなエネルギーも必要なく、サッとキッチンに立てますし、ケンタロウさん自身もいろんな本で「気楽にやろうぜ」と言ってます。
ルールなんてどうでもいいということじゃなく、大事なことはそこじゃないという精神です。
「包丁の持ち方よりちゃんと切れておいしく作ることの方が大事」。
そう言ってもらえると、作る側も救われた気分になります。
「こうあるべきだ」に縛られるより、「もっと自由にやろうぜ」がケンタロウレシピです。

②「そんなんどこに売ってんねん」な材料を使わない

どのケンタロウレシピも、普段料理する人なら普通に家にあるような材料しか出てきません。
買ったはいいけど二度と使わないような特殊な材料はまず使いません。
(珍しい材料とか調味料に限って1回に使う量がちょっとですし、たいてい腐らせてしまうか賞味期限切れになるのがオチです…)

レシピ本の中には聞いたことないような材料が出てくることもあります。
いつも行く店には売ってないような材料が出てくるレシピはパスしてしまいます。
それが続くと「も—や—めた」となって、そんなレシピ本を見るのもイヤになってしまいます。
家にあるいつもの材料でパパッと作れることは料理する上でとても大事なポイントです。

③オシャレの押し売りはしない

「ほら、この料理オッシャレやろ」とドヤ顔で言いたげなレシピ本をよく見かけます。
たまにならオシャレな料理もいいですが、毎日の料理でオシャレさを求めていたらだんだんと疲れてきます。

ケンタロウ本はガチガチなオシャレを全面に押し出すことはしません。
普段使いできるちょっとした工夫がオシャレです。
結果的にオシャレになってるのはいいですが、オシャレありきのレシピ本は見てて疲れます。

ケンタロウさんは、いつも「現実的な料理がいい」と言います。
確かにどのケンタロウ本のどのレシピも気楽で、毎日でも作れる料理ばかりです。
だからと言ってダサくもなく、ちゃんとオシャレさもあります。
料理もちょうどいい塩加減がおいしいように、ケンタロウ本はオシャレさもちょうどいい塩梅なのです。