【ケンタロウさん】バレンタインは、自分の得意料理で攻めよう。

2月14日はバレンタインデーです。

せっかくなので、ケンタロウ本や他のエッセイからバレンタインにちなんだ話をまとめてみます。

ケンタロウのおいしいラジオ/その1

2005年2月の「バレンタイン料理」の回では、

手編みのマフラーやセーターをもらった

という話を紹介しています。

この週のケンタロウさんがチョイスしたBGMは、Beatles の「Oh! Darling」です。

:::サッポロビール ケンタロウのおいしいラジオ:::

料理家・ケンタロウのキーワードは「簡単・おいしい・洒落っ気・現実的」 毎日の食事をより素敵に演出し、心豊かに過ごすヒントとなるような、”トーク&音楽”を提供します。この番組が生活のスパイスとなります!

ケンタロウのおいしいラジオ/その2

2006年2月の回では、

14日は学校の机の引き出しに手を入れてチョコレートが入っているかどうか確認してた

と言っていて、ソワソワ感が伝わってきます。

「チョコレートブラウニー2006」のレシピも載ってます。

:::サッポロビール ケンタロウのおいしいラジオ:::

料理家・ケンタロウのキーワードは「簡単・おいしい・洒落っ気・現実的」 毎日の食事をより素敵に演出し、 心豊かに過ごすヒントとなるような、 “トーク&音楽”を提供します。この番組が生活のスパイスとなります!

ケンタロウの恋するハッピーメニュー

「ふたりのハッピーメニュー」(講談社)の元になったウェブ連載「ケンタロウの恋するハッピーメニュー」にも、バレンタインデーの話が載ってます。

vol. 26「クラシックチョコケーキ」のエッセイの最後の一文がグサッと突き刺さります。

ケンタロウの恋するハッピーメニュー【クラシックチョコケーキ】

null

「好みが合わないのなら、なんとか合わせてみようよ」と言うかと思いきや、ケンタロウさんは「味覚が違う人とは長く続かない」と言います。

「自分のおいしいと相手のおいしいは違うこともある」は、人生の真理です。
自分がおいしいと思っているものを、好きな人もおいしいと思ってくれるのが最高ですが、そうでないこともゼロではありません。
それが好みであり、相性です。
食べ物に限った話ではなく、美的感覚や金銭感覚もそうです。
好みを相手に合わすのは結構大変です。
「なんか合わないなぁ」とつらい思いをするなら、合う人を探した方がいいです。
ガマンは、遅かれ早かれ破綻します。

たべる、たいせつブック

冊子「たべる、たいせつブック」のカツ代さんとの対談で、ケンタロウさんは

バレンタインデーの手作りケーキよりは、ゴディバのチョコのほうがおいしいときもある

と言ってます。
いくら愛情がこもっていたとしても、おいしくなかったら意味がないのです。
よく「料理は愛情」と言いますが、あれは「おいしい」が大前提です。
得意じゃないチョコレートやケーキを作って失敗するなら、得意な炒飯で勝負した方が、結果的にいいのです。

ALACARTE

アラカルトさんとのコラボ商品も出していました。

あえて男だけがいい

バレンタインデーだからこそ、野郎とバカ騒ぎするのも悪くない。
と、強がってみます。

タグを作りました

検索しやすいようにタグを作りました。

①ケンタロウさん/掲載・発見
2つの意味があります。
・ケンタロウさんが本や雑誌、ネットに掲載されている
・ケンタロウさんを本や雑誌、ネットで発見した

②ケンタロウさん/調べてみた
ケンタロウさんが好きなモノなどを調べてみました。

③ケンタロウレシピ
ネットでレシピが閲覧できます。

④ケンタロウ本レビューを読んでみた
オンライン書店のケンタロウ本レビューを読んでみたシリーズです。