よしもとばななさんがケンタロウ本を読んでいた

よしもとばななさんがケンタロウ本を紹介してくれていました。

まずは、「ごはんのことばかり100話とちょっと」(朝日新聞出版)です。

よしもとさんが子供の弁当用に本を探していて、出会ったのがケンタロウさんの弁当本でした。
よしもとさんは、ケンタロウさんのことはそれほど詳しくもなく、「男っぽいごはんを作る人」くらいにしか思ってなかったそうです。
詳しくなくても、だいたい合ってます。

本の中では具体的な書名は挙げてなかったのですが、引用していた内容からして、「ドーンと元気弁当」(文化出版局)です。

よしもとさんは、この本を「彼の、食とお母さんに対する愛情がいっぱいはみだしていた」と褒めてくれています。
最後には、「(お弁当作りは)ケンタロウさんが背中を押してくれた」と言ってくれていて、きっとケンタロウさんも大喜びしているはずです。
ぜひよしもとさんと対談してほしいです。

 

同じ内容が、下記の本にも収録されています。
「アンソロジー お弁当。」(パルコ出版)

次に、よしもとさんの公式サイトの日記ページにも、ケンタロウさんが紹介されてます。

2008年3月5日には、「最近の私のアイドルはケンタロウさん」と大胆告白してくれています。
よしもとばなな公式サイト | 日記 | 2008年03月

2010年2月21日には、「はじめてのキッチン」に載ってるピザを作ったとあります。
よしもとばなな公式サイト | 日記 | 2010年02月