【ケンタロウさん】何かに何かをつけて食べるのは、うれしい。/バーニャカウダ

「SANKEI EXPRESS」連載「ケンタロウのひと皿勝負」に、「バーニャカウダ」があります。

バーニャカウダ

バーニャカウダを知ったのはそれほど前のことではないけれど、バーニャカウダのように、何かに何かをディップして食べるというのはなんだかうれしい。

子供の頃は今みたいに当たり前にフライドポテトにケチャップをつける文化は日本にはなくて、アメリカに行って初めて知ってサイコーだと思った。
アメリカでは他にも、トルティーヤチップスにサルサソースやアボカドのディップをつけるのもサイコーだと知った。

そんな洒落たディップなんてもんじゃなくても、たとえばきゅうりに味噌をつけて食べるのだってうれしい。
ウエハースにアイスクリームを乗せて食べるのもうれしい。

味だけでいえば最初からからめてあったってそんなには変わらないと思うのだが、何かを自分の手で持って何かをつけるというのはうれしいのだ。
なんでだろうか。
好みの量をつけられるからだろうか。

一緒に口に入れてなお完全に混ぜ合わさった味ではなくて、それぞれの味がわかるのがいいのかもしれない。
行為としてもうれしいのかもしれない。
料理や食事には、単純に味だけじゃない楽しさがあるんだよな。

引用ページ:バーニャカウダ|ケンタロウのひと皿勝負
(上記ページにはレシピがあります)
 

バーニャカウダとは

 

「バーニャ・カウダ」とは、何ですか。:農林水産省

消費者相談


 

 

何かをつけて食べる

・フライドポテト + ケチャップ
・トルティーヤチップス + サルサ
・トルティーヤチップス + アボカドディップ
・きゅうり + 味噌
・ウエハース + アイスクリーム

フライドポテト + ケチャップ

トルティーヤチップス + サルサ

トルティーヤチップス + アボカドディップ

きゅうり + 味噌

ウエハース + アイスクリーム

バーニャカウダさんのバーニャカウダレシピ

ケンタロウ鍋

(家の光協会)

「バーニャカウダ風ディップ」が収録されています。

つまみリスト

(文化出版局)

「バーニャカウダ」が収録されています。


#bagnacauda

Instagram で「bagnacauda」を検索すると、意外に日本人が多いことにびっくりしました。
その理由を考えてみたら、3つ思い浮かびました。

・好きだから
・オシャレなイメージがある
・写真映えする