【妄想】ゆっくりと温泉に浸かりながらケンタロウ本を読む

ゆったりと温泉に入ると、ちっちゃな悩みなんてどうでもよくなってきます。

温泉に浸かりながら

このシチュエーションで読みたいケンタロウ本

温泉といえば、和食です。
和食といえば、これしかありません。

「ケンタロウの和食 ムズカシイことぬき!」(講談社)です。
お湯の感触、香り、音、景色を味わうように、じっくりゆっくりページをめくります。