【ケンタロウさん】食材のことがわかると、もっとおいしくなる。/じゃがいも

「SANKEI EXPRESS」連載「ケンタロウのひと皿勝負」に、「鮭とじゃがいものグラタン」があります。

鮭とじゃがいものグラタン

ケンタロウさんのエッセイを読むと、いかにじゃがいもがおいしかったかが伝わってきて、湯気と一緒に茹で上がったじゃがいものの香りまで漂ってきそうです。

じゃがいもはうまい。
少し前にじゃがいも畑を取材するロケで北海道に行った。

幼稚園か小学校の頃にさつまいも掘りには行ったことがあるけれど、そういえばじゃがいも掘りって行ったことがなかった。
いも掘りといえばさつまいもだ。
なんでだろう。
地域や学校などによっても違うのだろうか。

とにかくある日、北海道のじゃがいも畑の脇で、じゃがいもを育てる際の苦労や工夫を生産者の農家の方から伺っていた。
その時は残念ながら収穫はもう終わっていて、じゃがいもそのものは巨大倉庫の中に眠っていた。

話をひと通り伺った後で、まずは食べてみてくださいということになって、器に山盛りのふかしたじゃがいもが運ばれてきた。
北海道の山盛りは文字通りの山盛りで、東京とはスケールが全然違う。
おおー、うまそうだ。と思ったらそのまま立て続けにまるまる4個食べてしまった。
始まったばっかでそんなに食べちゃってどうするとも思ったけど、止められなかった。
あまりにもうまい。

その後一日中じゃがいもを食べることになると十分わかっているのに、ついつい。
今冷静に考えてみると4個ってすごいよな。
でもじゃがいもはそのぐらいうまい。

引用ページ

鮭とじゃがいものグラタン他|ケンタロウのひと皿勝負

じゃがいもはうまい。

圧倒的な生産量

全国のじゃがいも生産量の約8割を北海道が占めています。
 

じゃがいも生産量上位について:農林水産省

null

2016年のデータでは1位から13位まで北海道が独占し、100位までもほとんどが北海道です。

じゃがいも | 生産量 収穫 作付面積 | 全国/都道府県内順位 | ジャパンクロップス

こちらでは、じゃがいも(馬鈴薯、ジャガイモ、じゃが芋)の生産に関して、各市町村の収穫量や作付面積等をランキング形式で掲載しています。


 
ただ、世界各国と比べると、日本の生産量の少なさがよくわかります。
 

世界のジャガイモ 生産量 国別ランキング・推移 – Global Note

2018年の世界のジャガイモ生産量 国別比較統計・ランキングです。

じゃがいもの栽培と収穫

帯広市

十勝

じゃがいもの主な品種

目が回るほどの数がありますが、ここでは5つを取り上げます。

じゃがいも主要品種紹介 | 農政部生産振興局農産振興課

男爵

おなじみの品種です。
 

 

男爵薯|ホクレン農業協同組合連合会

北海道産の中で、最も長い歴史と知名度を誇るブランドポテトです。



メークイン

これもおなじみの品種です。
 

 

メークイン|ホクレン農業協同組合連合会

優雅な名前はヨーロッパの伝統行事、五月祭の女王「メイ・クイーン」から。



きたあかり

 

 

キタアカリ|ホクレン農業協同組合連合会

「北」の産地に希望の「明かり」がさすように。男爵薯と病気に強い品種を合わせ、北海道農業試験場が交配・育成、1987(昭和62)年に北海道の優良品種に認定されました。



インカのめざめ

 

 

食のパレット北海道 – インカのめざめ

食のパレット北海道はこだわりの厳選食材をご紹介します。



アンデスレッド