【ケンタロウさん】「〇〇のない人生なんて考えられない」に出会えたら、儲けもん。

あなたの好きなものは、なんですか。
それはどのくらい好きですか。

ケンタロウさんは、カレーが大好きです。
ケンタロウ「魚!」ムズカシイことぬき!(講談社)には、こうあります。

カレーがない人生なんて、ちょっと考えられない

 

いかに好きかがよくわかります。
恋愛に置き換えてみると、わかりやすいです。
「あなたがすごく好き」と言われるより、「あなたがいない人生なんて、ちょっと考えられない」と言われる方が、心に強く響きます。

カレーは、生きるエネルギー

ケンタロウさんにとってカレーは、好きを超えて、なくてはならない食べ物です。
それがよくわかるのが、下の動画です。

3分26秒〜、9分52秒〜でカレーの話になるのですが、そこだけ切り取ると、好きな食べ物の話とは思えないような話し方です。
完全に取り憑かれているように見えるのです。

たとえば、「カレーが好きだなんて、人としてどうかしてる」と言われたとしても、ケンタロウさんには関係ありません。
好きを超越してるので、何を言われても、痛くも痒くもありません。
他人の評価や批判は関係ないのです。
大事なのは、自分の好きな気持ちです。
軸です。

たかがカレーですが、ケンタロウさんにとっては生きるエネルギーです。
カレーがあるからこそ、今日も頑張れるのです。
「今日はハードだけど、もうちょっとやってみようかな」と思えるのは、カレーがあるからです。

NO CURRY, NO LIFE.

「小林カレー」(幻冬舎)のまえがきには、こうあります。

人生にカレーがあるというだけで、生きる意味があると思える

 

ゆで卵

「ケンタロウの基本のウチめし」(オレンジページ)の「これがあると幸せです②」には、こうあります。

おれはゆで卵大好き
ゆで卵さえあればもう金輪際なにもいらないとまでは言わないけれど、ゆで卵のない人生なんて、ちょっと考えられない