ケンタロウ史上、最も斬新なレシピは「翌日の家カレー」だ。

ケンタロウ本には、たまに「これは思いつかなかった」というレシピがあります。

たとえば、「ケンタロウの日替り定食」(学研)の「冷やしトマト」です。
作り方は、丸のままのトマトに塩をかけるだけです。
作り方と言っていいのかわからないくらいです。
切ってさえいないので料理かどうかも微妙です。
もはや素材です。

 

「KENTARO料理パラダイス①」(主婦の友社)には「フルーツ」のレシピがあります。
好きなフルーツを切るだけです。

ケンタロウさんも「あはは」と笑っています。
読者はあまりの簡単さに驚きつつも、「あ、それでいいんだ」とストンと腑に落ちます。

 

翌日の家カレー

私が思う最も斬新なレシピは、「小林カレー」(幻冬舎)の「翌日の家カレー」です。
レシピ本なので、材料と作り方が書いてあります。

ルウの箱に書いてる通りに作ってね

まるで他人事のような書き方です。

もう一度、メニューの名前を見てください。
このメニューの名前で全部言ってます。
もはや作り方は必要なく、

作ったその日は食べずに、冷蔵庫に入れて次の日食べる

だけでもいいくらいです。

まさかのケンタロウレシピですが、1周回った感があって、これはこれで潔いです。
敗者復活戦から勝ち上がってきた逞しささえ感じるレシピです。
ほとんどのレシピ本は作ってすぐに食べる前提で書かれてますが、出来上がってもその場では食べないレシピは、ケンタロウ本にもまずないので、ある意味レアです。

「一晩寝かす」は、カレーをよく作る人なら誰しもやったことがあります。
それをわざわざレシピにする必要はありません。
でも、これも「料理なんて気楽にやろうぜ」というケンタロウさんのメッセージなのです。

 

科学的にも正しい

「一晩寝かしたカレーはおいしい」と言いますが、科学的にも正しいようです。

 

カレーを一晩寝かせると美味しい気がするのは錯覚でないことを味覚センサーが証明!

■二日目のカレーが美味しいのは錯覚?