読書メーターでケンタロウ本レビューを読んでみた/つまみリスト編

「イラストはケンタロウさんが書いたのかな」

ない本もありますが、ほとんどのケンタロウ本にはイラストが載ってます。
ちゃんとケンタロウさんが書いてます。
レシピ本はあくまでもレシピがメインであって、レシピさえあればイラストやエッセイは必要ありません。
でも、もしイラストがなければ、きっと見るからに真面目でカチッとまとまりすぎてる本になってしまうでしょう。
もちろん、そういうレシピ本もありますが、おそらくケンタロウさんは真面目すぎる本にはしたくないはずです。
ケンタロウさんの書く独特な空気感のイラストのおかげで、本全体の印象はふんわりと柔らかく、温かみのある感じになっています。
イラストがあるのとないのとでは雰囲気は全然違います。

出版された時期によって線のタッチがどんどん変わっていて、その違いを比べるのもケンタロウ本の楽しみ方の一つです。
レシピ本のイラストはあくまでも添え物でありメインではないのですが、そこに気づいてもらえるのはファンとしてもうれしいですし、そこまで見てもらえてありがたいです。
私が作者なら菓子折り持って家までお礼に伺いたいくらいです。
ケンタロウさんはシャイなのでわざわざ言わないと思いますが、でも絶対に喜んでいるでしょう。

つまみリスト 感想 小林 ケンタロウ – 読書メーター

◉こちらもどうぞ

Rakuten みんなのレビューでケンタロウ本レビューを読んでみた/1003レシピ編