【ケンタロウさん】おいしく作るには、おいしいものを食べる。

小林カツ代さんは、「料理は技術」と言います。
「料理は愛情」と思いがちですが、そうではないのです。

出典:たべる、たいせつブック
コープ出版
2001年9月発売

 

料理の先生は自分の舌

カツ代さんは料理の師を持っていないそうですが、

料理の師をあえて言うなら、料理上手の母に育てられた私の舌でしょうね

と言っています。

出典:わが道をゆくワンタン
PHP研究所
1994年12月

 

「わが道をゆくワンタン―気楽でホンキな料理あれこれ」を図書館から検索。

カーリルは全国7000以上の図書館から書籍とその貸し出し状況を簡単に横断検索できるサービスです。

技術の前に、大前提として味を見極める舌が必要です。
この料理がおいしいかどうか、好きな味かどうかは自分の舌だけが頼りです。
舌がすべてです。
そのためにもいろんな味を知っておくことが大事なのです。
味のデータベースがないと、おいしいかどうかを判断することはできません。
好きなものだけでなく、あらゆるものを食べることで、自分の中に味のデータベースを作っていくことが必要なのです。

食べること大好き人間の両親に育てられたおかげで、味だけはきちっとわかる舌を持っていた。
技術なんて、あとからいくらでもついてくる

子供の好きなものばかりだと、子供たちの舌が養われない。
大人が子供の舌にまともな料理を覚えさせていくことが大事

出典:だから料理が好きになる
主婦と生活社
1993年10月

 

「だから料理が好きになる―おいしい暮らしのコツいっぱい! (21世紀ブックス)」を図書館から検索。

「だから料理が好きになる―おいしい暮らしのコツいっぱい! (21世紀ブックス)」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができるサービスです。

おいしいものしか作れない

「学校で教えない大事なこと」(風涛社)に、ケンタロウさんの面白いエピソードが載っています。

息子のケンタロウは小さい頃からおいしいものしか作れなかった

出典:学校で教えない大事なこと
インタビュー:佐竹大心
風涛社
1999年7月

 

「学校で教えない大事なこと」を図書館から検索。

カーリルは全国7000以上の図書館から書籍とその貸し出し状況を簡単に横断検索できるサービスです。

「おいしいものが作れる」と「おいしいものしか作れない」では、レベルが違います。
いつ、何を作ってもおいしいのは、ケンタロウさんの舌が鍛えられているからです。
ケンタロウさんは、小さい頃からあらゆるものを食べてきました。
カツ代さんは「嫌いなものもそ知らぬ顔で食卓に出してた」と言っています。
それは、いろんな味を舌に覚え込ませる戦略だったのです。

出典:もっと、もっとげんきに! おうちごはん。
講談社
2004年10月

 

カツ代さんは

料理上達のコツは一に舌、二番目は技術

と言います。
(出典:学校で教えない大事なこと)

自分の好きなものばかり食べていたら、その味が基準になります。
当然、偏ります。
偏るということは、おいしいかどうかを正しく判断できない状態です。
舌を鍛えるには、好き嫌いに関わらず、いろんなものを食べることです。
そうすることで、自分の好きな味がよりはっきりとわかってくるのです。
何がおいしいかを知るには、まずは自分の舌を鍛えるのが一番大事なのです。

今できること嫌いなものも、ニコニコ食べよう。