特別なケンタロウレシピに変えるたった1つの方法

あなたが持っているケンタロウ本を、一瞬であなただけの本に変えることができます。

自分のためだけの本

それは、「自分のために作ってくれたんだ」と思うことです。
たったこれだけです。
誰でも、今すぐにできます。
本を持っていなくても、ネットのレシピや図書館で見つけた古い雑誌のレシピでもできます。

すべてのケンタロウレシピは、自分のために考え出されたんだと思えば、ただのレシピではなく、特別なレシピになります。
確かに、「この本は自分のために作られたんだ」と思える人は、かなり妄想が激しいです。
でも、どういう設定で読もうが自由です。
注意書きに「妄想して読まないでください」とは書いてありません。

本は、誰かのために書かれています。
その「誰か」には、自分も含まれています。
「自分のために作ってくれた」を証明することはできませんが、「自分のために作られた本ではない」を証明することもできません。
信じたもん勝ちです。

ケンタロウ本に限らず、すべての本は自分のために書かれたんだと思えるかどうかで読み方が変わってきます。
それが自分のこととして読むということです。
本気で読むということです。

おめでたく解釈すれば、人生は楽しくなる

たとえば、自転車で近くのスーパーに買い物に行くとします。
その時に、自転車という乗り物を発明してくれて、なんてありがたいんだろう。
道もこんなにきれいに舗装してくれて、街路樹まで手入れしてくれて、本当にありがたい。
スーパーも自分のためにこんなに近くに建ててくれて、しかもこんなに朝早くから開けてくれて、ありがたい。
そう思えるかどうかです。
「そんなの気持ちの問題じゃないか」と思うかもしれませんが、そういう気持ちになれる人となれない人がいます。
今、この瞬間から「これは自分のためにしてくれたんだ」と思える人もいれば、「そんなバカなこと」と笑う人もいます。
これは生き方です。
人生の楽しみ方でもあります。
ジェットコースターで今から一気に急降下する時に、怖いからと歯を食いしばりながら目をつぶってひたすら耐える人もいれば、バンザイしながらヒャッホーッと叫ぶ人がいるのと同じです。
どちらが人生を楽しんでいるかは明らかです。

すべてのケンタロウレシピは自分のために作られたんだと思えれば、一気に見る目は変わります。
今までなんとなく見ていたレシピが何百倍もありがたく感じます。
本だけでなく、世の中すべてのことをおめでたく解釈するのです。
見方が変われば、世界は一瞬で変わるのです。
 

今できることおめでたく、解釈しよう。