「TRUCK nest」に、ケンタロウさん

「TRUCK nest」に、ケンタロウさんが出てきます。

 
出典:TRUCK NEST
(集英社)
2012年8月発売

 

先日紹介した「MAKING TRUCK」(アスペクト)が、TRUCKのザックリしたフロアマップ的な本だとすれば、この「TRUCK nest」は、ギュッと凝縮された歴史ロマンです。
 


 
400ページ弱にわたってTRUCKのありとあらゆることが書かれてあります。
もちろん、ケンタロウさんも大量に出てきます。
準レギュラーどころか、完全なファミリーのようです。

唐津裕美さんの日記によると、ケンタロウさんとの出会いは1999年5月16日だそうです。

オーストラリア

黄瀬さんとケンタロウさんは、何度も一緒にオーストラリアへ行っています。
当初の目的はサーフィンだったのですが、そこで「nest」という言葉に出会います。

「nest」とは、鳥の巣という意味が転じて、居心地のいい場所、落ち着く場所という意味です。

nestの意味 – goo辞書 英和和英

この考え方が、黄瀬さんと唐津さんの生き方に大きな影響を与えることになるのです。

日菜ちゃん

黄瀬さん唐津さん夫妻の赤ちゃん「日菜ちゃん」が生まれた翌日、ケンタロウさんは(大谷マキさんと一緒に)唐津さんに内緒で東京からお祝いに駆けつけ、家族写真を撮ってあげています。
まるで「おじちゃん」です。

二人の時間

あとがきには、ケンタロウさんと出会ってからの思いが書かれてあります。
言葉では言い尽くせない時間の重みがあって、目には見えない強い絆があるのがよくわかります。
友達でも仲間でもない、運命共同体のようです。

巻末の、TRUCKの歴史とも言える年表にも、ケンタロウさんが何度も出てきます。
最後の方には「けんちゃん」になっていて、やっぱり家族です。