【レシピ99品】ケンタロウのひと皿勝負

「SANKEI EXPRESS」に連載されていた「ケンタロウのひと皿勝負」のレシピのまとめです。

・読み込みに時間がかかる場合があります
・画像なし
・一部表示崩れあり

ケンタロウのひと皿勝負

 

【ケンタロウのひと皿勝負】バーニャカウダ

バーニャカウダを知ったのはそれほど前のことではないけれど、バーニャカウダのように、何かに何かをディップして食べるというのはなんだかうれしい。/p>


 

【ケンタロウのひと皿勝負】角煮&煮卵

料理の仕事を始めるずっと前、角煮は一度は作ってみたい料理ナンバーワンだった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】セロリと豚しゃぶのごまだれ他

子供の頃、しゃぶしゃぶが食卓に登場した記憶がない。外食でも、しゃぶしゃぶを食べた明確な記憶がない。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】キャベツとアサリのサッと煮他


 

【ケンタロウのひと皿勝負】具だくさんオムレツ他

このオムレツは、卵よりも中の具が主役、と感じるくらいに具だくさん。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】豚しゃぶちらし寿司他

ゆでた豚バラ肉にたれをからめ、たっぷりとのっけたちらし寿司。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】キャベツと豚肉のみそ炒め

炒めものは料理の入り口として、もっともポピュラーなものだと思う。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】カジキのしょうが焼き風他

カジキマグロは万能選手で優秀な魚だと思う。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】豚のしょうが焼き

男は黙ってしょうが焼き、だと思う。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】豚肉オムライス他

オムライスは永遠の憧れだ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】ひと口餃子他

専門店もあちこちにあり、人気の高いひと口餃子。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】さんまのパスタ他

パスタはたっぷりの湯で泳がすようにゆでるのがいいとされているし、実際にそれがいいと自分も思う。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】だし巻き卵他

卵焼きを上手に作れる人はいかにも料理がうまそうだ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】ささみのアボカドソース他

自分は無条件にアメリカに強く憧れた世代よりもかなり後の世代だが、それでも中学高校の頃はそれなりにアメリカに憧れていた。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】アジのソテー トマトソース他

魚料理が苦手という人はけっこう多い。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】ピリ辛ジャージャー麺他

小学校の頃、給食にジャージャー麺があった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】イカとナスとトマトの炒め物他

ロールイカはその名の通り、丸められたイカだ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】豚と納豆の和えそうめん他

そうめんは夏を代表する食べ物だ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】ゴーヤーと牛肉のみそ炒め他

ゴーヤーの苦さは強烈だ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】そばめし他

「そばめし」というものがあると知ったのはいつごろだったか、正確にはおぼえていないけれど、間違いなく大人になってからだ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】かぼちゃのドライカレー他

かぼちゃはかたくて切りにくい。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】和えビーフン他

子供のころからなぜかビーフンが好きだった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】炒り豆腐他

学生の頃バイトしていた厨房のシェフが、「おれは食べ物の中で豆腐がいちばん好きだ」と言った。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】ちくわこんにゃくお好み焼き他

大学生の頃に大阪出身の友達の友達が京都に住んでいて、家に泊めてくれるというので、みんなで意味もなく京都に行ったことがある。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】肉野菜炒め他

今回はもう一品のみそ汁に使っている煮干しのことを書こうと思う。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】豚肉とレタスのしょうが焼き他

しょうが焼きが嫌いという人には会ったことがない。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】にんじん炊き込みごはん他

今回は炊き込みごはんです。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】鶏とたけのこの煮物他

前に取材でたけのこ掘りに行ったことがある。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】かつおのたたき他

まわりの友達や知人で、特に男にかつお好きのやつが多い。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】餅入り中華スープ他

明けましておめでとうございます。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】カレー卵丼他

卵とじの丼を作るときには専用の鍋がある。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】明太クリームパスタ他

初めて明太子・たらこのスパゲティを食べたときは、スパゲティにこんな世界もあるのか!と思った。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】焼きりんご他

子供のころは火を通した果物は好きじゃなかった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】ブリのごまだれ焼き他

ブリの季節がやってきたなあ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】カレー丼他

子供のころ、たまに母親が仕事で帰りが遅くて晩ごはんに間に合わないということがあった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】鮭とじゃがいものグラタン他

じゃがいもはうまい。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】根菜ごま煮他

ねりごまというやつは冷蔵庫に入れておくと分離して下の方はカチカチになって、それをスプーンで力を入れて、でもこぼさないように細心の注意を払ってかき混ぜなきゃなんないんだよなあ、使いたい時にすぐ使えないんだよなあ、と、ずっと思っていた。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】春菊のうどん他

「だし」は料理の基本です。と、大上段から言うつもりはない。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】青菜炒め他

何事もそうだと思うけど、シンプルなものこそ、シンプルだからこそ、難かしいといえると思う。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】豚肉のめんつゆソテー他

子供のころ、冷蔵庫に入っていためんつゆを、麦茶だと思って飲んだことがある。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】キノコ炒めピラフ他

「ピラフ」という響きはなんだか懐かしい。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】ソーセージと豆のトマトシチュー他

子供のころ、ソーセージが大好きだった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】豚カレー鍋他

19~20歳ぐらいの時によく遊んでいた先輩の家で、たまに鍋をごちそうになった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】春雨と野菜のピリ辛炒め他

春雨は腹の中でふくれる。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】鶏の香味焼き他

鶏肉はいかにもフレンドリーで扱いやすそうに見えて、実は火の通りが悪いなかなか強情なやつだ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】ダイコンと手羽元のスープ鍋他

手羽元というのはとても便利な素材で、頻繁に使う。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】鶏じゃが他

かつて大学生のころに一度、親の本を見ながら肉じゃがを作ったことがある。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】長芋と鶏肉のキムチ炒め他

子供の頃、長芋は嫌いだった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】ひらひらカレー他

子供の頃、うちのカレーは角切りの塊肉のカレーではなくて、決まって薄切り肉のカレーだった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】キャベツと豚の重ね蒸し他

よっぽどピンポイントに何かを買う時以外は、スーパーに入ってまず行くのは野菜売り場だ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】鮭のムニエル他

魚といえばまずは鮭が思い浮かぶというぐらい、鮭は魚の定番だ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】豚しゃぶの野菜和え他

前にも書いたかもしれないが、鍋物、特にしゃぶしゃぶを最初から最後までポン酢で食べるというのが、どうも納得できない。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】ホタテのトマトスープマカロニ他

スープの中にパスタが入っているのはうれしい。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】あさりの洋風ピラフ他

ピラフというと昔の喫茶店を思い出す。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】じゃがいもと鶏肉のトマト煮他

料理の幅広がるハーブとスパイス


 

【ケンタロウのひと皿勝負】ナポリタン他

ナポリタン、は、きっと全員の心のどこかに何かしらの思いとともに必ずしまわれているような、そういう食べ物だよなあ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】菜の花と豚肉の中華炒め他

前にも書いたと思うけど、これだけ技術が進歩して、農法も変わって流通も発達したのに、春の野菜は旬の時期にしか出回らないものが多い。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】エビピラフ他

ピラフというと洋食屋という感じがする。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】キッシュ風オムレツ他

うちの母親は同業の料理家で、知っている人にはいかにも日本のおふくろさんみたいな、芋の煮っころがしが似合うようなタイプに思われていることが多いけれど、実は案外家では洋風のメニューも多くて、例えばキッシュは子供のころから定番だった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】手羽先の甘辛煮他

料理の中でも「煮物」が涼しい顔で作れる人というのは、なんだかこう、こなれた感じがしますね。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】簡単ビーフシチュー他

前にたしか「洋食」への憧れを書いたと思う。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】サバのミソ煮他

今回は直球王道のサバミソです。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】レンコンと豚のオイスター炒め他

ある時から突然ものすごくレンコンが好きになった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】さんまのフライパン塩焼き他

秋といえばさんま。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】かじきの照り焼きボウル他

高校生のころ、 アメリカのUCB(カリフォルニア 大学バークレー校)に遊びに行ったことがある。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】白菜と豚肉の重ね煮他

前に、白菜を1個買って毎回余らせる友達の話を書いた。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】炒め玉ネギのパスタ他

買い物に出かけて食材を買って料理を作ることもあれば、急に腹がへって家にある食材で何が作れるかを考えることもある。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】キンメダイの中華煮他

魚の中で、たぶんキンメダイがいちばん好きだ。


 

 

【ケンタロウのひと皿勝負】鶏とキャベツの混ぜごはん他

どちらかを選ぶ必要はまったくないのだけれど、もしどちらか決めなければならないとしたら、炊き込みごはんよりも混ぜごはんが好きだ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】いなりちらし寿司他

今回のレシピはいなりずしの超簡単バージョンで、思い立ったらすぐいなり味、という料理なのだけれど、時間のかかる本格いなりずしもけっこうよく作る。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】さわらのみそ焼き他

「魚」偏に「春」と書いて「鰆(さわら)」。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】牛肉とごぼうの甘辛炒め他

今回の料理のように、生卵をからめて食べる料理が好きだ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】うなぎの香ばし丼他

昨日友達と「『ごちそう』といえば何か」という話になった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】すずきのカリカリ丼他

魚の丼ってあんまりない気がする。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】こしょうたっぷりつくね他

子供の頃、焼き鳥の中でつくねがいちばん好きだった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】白身魚のソテー トマトソース他

ホールトマトを初めて知ったのはいつだったかな。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】汁かけごはん他

汁かけごはんの魅力ってあるよなあ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】カブとぶりの煮付け他

ある時から急に、カブが好きになった。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】番外編 

TOKIOの国分太一

レシピのみ(コラムなし)

【ケンタロウのひと皿勝負】豆乳スープ他

ケンタロウさんは、牛乳の代わりに何かと豆乳を好んで使う、というわけではない。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】大根めし他

この大根めしは、炊き込みご飯ではなく、混ぜご飯。

下記2つのコラムは代筆です。

【ケンタロウのひと皿勝負】ミートソース他

ミートソース


 

【ケンタロウのひと皿勝負】エビとブロッコリーのノリ炒め他

魚介とノリ。

転載(レシピのみ)

『クロックマダム』

昨日のランチに、クロックマダムを食べました。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】オムそば他 

高校の時、友達とキャンプに行くのが流行(はや)った。

見にくいです。

【ケンタロウのひと皿勝負】

おせちアレンジ編


 

イカ大根

イカ大根


 

鶏と里芋のソテー

鶏と里芋のソテー


 

チキンストロガノフ

チキンストロガノフ


 

チキンのバジルマヨ焼き

チキンのバジルマヨ焼き

コラムのみ(レシピなし)

すべて1ページのみです。

【ケンタロウのひと皿勝負】肉豆腐他

子供のころはそうでもなかったけど、大人になってから急速に急激に好きになったものはけっこうある。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】トマトと卵の炒め物他

子供のころ、トマトはそのまま生で食べるものと決まっていた。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】トッピングカレー他

カレーライスは最高だ。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】トマトとカニの冷たいパスタ他

今回は冷たいパスタです。


 

【ケンタロウのひと皿勝負】ツナのトマトソースパスタ他

ツナ缶はもはや缶詰の代名詞的な存在で、どこの家庭にも常備されているものだと思う。


 

SANKEI EXPRESS 編集部の感動ツイート

編集部さん、ありがとうございます。