【ケンタロウさん】思い出は、最高の調味料になる。

カツ代さんの「ママは天才!」(主婦の友社)に、「にんじんドーナッツ」が出てきます。

「もっと、もっとげんきに! おうちごはん。」(講談社)のカツ代さんのページにも、「小林家の定番のおやつ」として「にんじんドーナッツ」が出てきます。

実は、ケンタロウさんの本にも、この「にんじんドーナッツ」があります。

まず、カツ代さんとの共著の「小林カツ代&ケンタロウのおいしいフライパン」(ぶんか社)です。

 

「バーンと、うれしいおやつ」(文化出版局)にも載ってます。
ケンタロウさんも、やっぱり「小林家定番」と言ってます。

 

にんじんドーナッツだけでなく、ケンタロウさんが母から受け継いだメニューは、数え切れないくらいにあります。
たとえば、
・肉じゃが
・ハンバーグ
・ねぎ醤油
などです。

ケンタロウさんが母と同じメニューを作るのは、次の3つです。

①好き
②おいしい
③思い出

①単純に好きだからです。
ケンタロウさんは好みがはっきりしているので、ちょっと好きくらいでは、リストには入りません。

②文句なしにおいしいからです。
その味で育ってきたので、すべてのベースになっています。
ケンタロウさんのDNAです。

③思い出が詰まっているからです。
いくらおいしくても、苦い思い出なら、思い出したくないので作りたくありません。

私も経験がありますが、せっかく好きなカレーなのに、食べながら返ってきた期末テストの答案を親に見せて説教されたら、もうカレーどころではありません。

「ケンタロウの和食 ムズカシイことぬき!」(講談社)では、家宝の肉じゃがという名前になっています。

 

家宝にしたい味という意味の裏には、家宝にしたいくらいのたくさんの思い出があるのです。
食べ物は、思い出とワンセットです。
思い出は、隠し味です。
誰にも再現できない世界でたった一つの調味料です。
楽しい時間が、食事をよりおいしくさせるのです。

ケンタロウさんのベースは、大好きな思い出の味です。
「あの頃はよかったな」というノスタルジーな思い出ではなく、子供の頃のワクワクした時間です。

サンドイッチも、アメリカンドッグも、唐揚げも、ラザニアも、フレンチトーストも、カレーも、どれも、ケンタロウさんにとっては幸せの味です。
おいしいを超えているのです。
幸せの味がケンタロウさんを作っています。

 

◉こちらもどうぞ

小林カツ代さんの「ママは天才!」は、ケンタロウファンの必読書だ。

「もっと、もっとげんきに! おうちごはん。」に、ケンタロウさんレシピ